映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

世界で一番パパが好き! Jersey Girl

試写会で「世界で一番パパが好き!」
地震のせいかやや人が少なかったような気がする。試写前に余震の際の注意があると皆真剣に聞いている。でも、隠れカメオ出演者の名前は教えてくれなくてよかった。
c0005072_23551494.jpg

ベンの髪型が不自然というか何と言うか非常に気になった。ヅラなんでしょうか。

「チェイシング・エイミー」がすごく好きで、どんな家族ものを描くのかすごく期待してたんだけど予想以上に「フツー」だった。ちょこちょこらしさはあるけど「〜なって〜なるんだろうなー」と誰もが思うストーリーがそのまんま。大人になったんだなーケウ゛ィン・スミス。バートンやサム・ライミと同じような大人になり方というか、いびつな子供の部分を脱皮した、でも以前の自分を「ガキだった」とか卑下しない全うな大人のアーティストになった。でもそのいびつさが人を引きつけていた面もあって何か油が抜けたような、ザラザラしたものがなくなったような…勝手だけど観客としては少し寂しかったり。

配役は妻役のジェニファーとの場面がなんかもう…ジェニファーがいいかんじに奥さんを演じてるだけに痛い。こんなに観客をいたたまれなくさせてどうする。離婚した人の家に遊びにいったら間違って結婚式のDVDみちゃったような(たとえが長い上にわかりにくい)気持ちになった。子役のラクエル。エミー・ロッサムを小さくしたようなかわいさだけどやっぱ子役。「男親が考えるおしゃまな娘」からはみ出さない。子役だからそれでいいんだけどさ。ダコタ・ファニングが女優なんだという事が心底わかった。エロなビデオ屋リウ゛。ビデオ貸してる姿にエルフの面影全くなし。めっちゃ似合う。カメオ出演は結構わかりやすくてよかった。マットのやらしい笑い方がツボにはまった。なにあの笑顔は。

邦題からこの頃よくある男親目線の「君(なぜか娘を君呼ばわり)の為に〜」なカメラやら車やらのCMみたいなやつだったらいやだなーと思ってたけどそれはなかったんでよかった。というのも娘あんまり父親好きそうに見えないから…(ベン哀れ)これは演出上なのか役者の力不足なのか?だけど。それより対父親への気持ちの方がよく出てたと思う。

日本版キャスト
オリー:唐沢寿明
(ぼさぼさ頭が見たい。しかしベンって清原に似てるよね。若い時なんて瓜二つ)
マヤ:木村佳乃(こういうエロな役も似合うと思う。リブの巨乳にはびびった)

今日から出勤で疲れまくりなのに映画を見に行く元気はあると。これからこういうのにもいけないんだろうなー。しょんぼり。
[PR]
by 7_7seven | 2005-03-22 23:55 | さ行の映画