映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ザ・インタープリター The Interpreter

試写会で「ザ・インタープリター」ジ・インタープリターじゃないのかなと思う人多数のはず
c0005072_227276.jpg

ニコールと並ぶと大概の男優さんがスタイル悪く見えてしまう…

びっくりしたのがワーキングタイトル製作っていうこと。なんか意外。重いテーマの割にどっしり感がないのは制作会社の個性が出てるからでしょうか。
ストーリーよりとにかく「ニコールとショーンの演技を見て」ってかんじの映画。他の登場人物を排除してふたりの心の動きをじっくり追ってて見応えあり。特にショーンは仕事での顔と奥さんを思い出すときの顔、ニコールに見せる顔、と全部違っててほんとすごいなと思った。ニコールは「バースデーガール」もだけど得体のしれない役ってはまる。逆に激しい感情を見せるところが嘘っぽく見えちゃうんだけど。だからサスペンス向きなのかな。ストーリー的におお!っていうのはないんだけど人間はどうやって喪失から立ち直るか、生まれた復讐心をどうやっておさめるか、描く力量はさすがベテラン監督ってかんじだった。キャスリン・キーなーもいい味だしてたなー。

シドニー・ポラック監督って手堅い作品をつくる監督ってイメージしかなかったけど無機質なニコールの魅力を見事に表現してて驚いた。あとニコールのお仕事ファッションがかっこよかった。無造作にストレートの金髪を結んで白シャツに黒のパンツ(Theoryあたり?)。これだけで十分かっこいいのはニコールだからだろうなー。
[PR]
by 7_7seven | 2005-05-17 23:22 | さ行の映画