映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby

「アビエイター」を破ってオスカー獲得した「ミリオンダラー・ベイビー」
重い重いと評判の「ミスティック・リバー」を借りて来たのに見ないうちに鑑賞。
c0005072_123433.jpg

ヒラリー・スワンクがボクサーの身体になっていくとこはすごすぎ

宣伝等の「衝撃の結末」より前半〜中盤のシーンに涙が出た。今まで得られなかった愛情に巡りあった二人の幸せそうな表情。その描き方にイーストウッドの演出力を感じた。各キャラクターが前半のエピソードできちんと語られているのでそれぞれの選択に違和感がない。伏線もきちんとしていて映画としてすごく完成度が高いと思う。余計なシーンや饒舌なシーンがなくて、俳優に全幅の信頼を置いて演技に語らせてるとこがすごい。

リアルさやテーマが取り上げられるけど私はファンタジー映画的なかんじもした。モーガン・フリーマン演じるエディは本当は存在しないんじゃないのかなーとか途中から思えて来て、原作は小説だしそういうのはないと思うんだけどエディの独特の存在感、どんな事が起きてもフランキーとマギーを見守る、見届ける姿は天使っぽい。最初から最期まで貫くエディの友情の深さをフランキーはわかっていたのかなー。
本編には関係ないけどエディの服がいちいちかっこ良かった。帽子と服の微妙なバランス、色の組み合わせ方がすごくいい。モーガン・フリーマンの佇まいがあってこそなんだろうけどさー。

日本版キャスト
フランキー :山崎努(瞳がイーストウッドに似てると思う)
マギー :瀬戸朝香(ガッツありそう。こういう強烈に役作りするようなのやってほしい)
エディ :三国連太郎(飄々としててすごい存在感ありということで)

水曜日はCDのWポイント!ということで買いにいったらColdplayがコピーコントロールだった。輸入版はまだ売ってないけど、それまでそうだったらどうしよう。OASISもなんだかんだいってもやっぱ好き。white Stripes素晴らしい。かっこいい。あー今日三枚連続で聞くつもりだったのにー。しかしMaroon5まだ売れててすごいなと思った。いいもんねー。初夏にぴったり。
[PR]
by 7_7seven | 2005-06-01 23:35 | ま行の映画