映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

砂漠でサーモンフィッシング Salmon Fishing in the Yemen

ネタバレあるので未見の方はご注意ください。
監督ラッセ・ハルストレム 脚本 サイモン・ボーファイ 
原作ポール・トーディ『イエメンで鮭釣りを』

ユアンとエミリー・ブラントの共演・好きなラッセ・ハルストレム監督・前売特典のエコバッグに惹かれて見てきました。ベストセラーの映画化ということですがなんだかなーな主人公とヒロインにがっくりという…。脇のクリスティン・スコット・トーマスとシャイフ役のアムール・ワケドが救いになりました。以下ネタバレあるので注意。

c0005072_2338378.jpg

キャストにスタッフも好きなのになぜこんな内容…


ハルストレム監督の自然とか動物に対する視線とか脇の人のキャラの演出の上手さはいつも通りでよかったんだけど主人公とヒロインは一つの目的に頑張る同志愛と恋愛を間違えてるような〜。仕事放り出す程心配してた彼氏が生きてて、しかも自分の存在を心の支えにしてくれてたなんて気持ちが深まるはずなのに自分のプロジェクトへの無理解とかで醒めた風な態度とかさ…いきなりの帰還にびっくり&元々よく知らないってのはあっても大変な所から帰った彼氏のPTSDの心配するより自分の気持ち優先で「抱いて寝て」だもんでびっくり。


ユアンもユアンで元々自分の話を聞いてくれない、仕事に興味ない奥さんに不満があったとしても自分の方は奥さんの仕事を理解してあげてたのかと。海外に長期出張を相談してくれなかった!とか言う前に多忙な奥さんの身体の心配するもんじゃないの?とにかく自分の言い分ばっかりで挙げ句あっさり仕事で盛り上がった相手と特に葛藤もなく乗り換える二人なのでお似合いかなーとは思ったけど。

シャイフの言う「相手の言い分もわかる。わかってほしかったが自分は相手に求めすぎた」の台詞がすごーく皮肉な響きでよかったです。(本当に皮肉な意味がこもっていたならだけど)

クリスティンはイングリッシュ・ペイシェントの時はこのまま薄幸美人ヒロインを続けるのかと思ったらコメディもうまくて脇で出てきて場面をさらうのは鉄板。キャスティングされてたら嬉しい女優さんの一人です。
シャイフ役のアムール・ワケドはシリアナにも出てたらしいけど覚えてない…こんなにイケメンかつ独特の雰囲気あるので色々活躍してほしいです。

ユアンは若いときは暴れん坊脱ぎ要員だったのにすっかり迷ったり割り切れなかったりの役がはまるようになりましたね〜。
あとユアンの家の鯉の池が超すてきだった!NUMB3RSもだけど鯉はKOIなんですね〜。餌をやりつつ重〜い会話・それを鯉目線で撮ってるところは監督らしくて印象に残りました。
ユアンファンとイエメンなイケメンが見たい方・当代屈指のコメディエンヌの演技が見たい方は是非。
[PR]
by 7_7seven | 2012-12-08 23:35 | さ行の映画