映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ダニー・ザ・ドッグ Danny the Dog

リー・リンチェイの最新作「ダニー・ザ・ドッグ」
技とルックスからひじょーに設定が難しいジェット・リー映画。
c0005072_1353994.jpg

フランス味やマッシウ゛アタックがはまるのもリンチェイの個性

殺陣が速すぎるのか相手役に苦労してるかんじだし、何よりリンチェイがめいっぱい戦う設定というのが作りにくい昨今。「脅されて」「復讐」「使命」みたいなのがないと純粋なアクションがすんなり見られなくなってきたと思う。さらにリンチェイというドラマがあるものだと台詞がネック、恋愛が絡むと背と童顔がネックという縛りが多い役者を思いっきり活かした脚本をリュック・ベッソンが書いたというのが面白い。ベッソン得意の少年マンガみたいな設定にリンチェイがはまるはまる。かなり無理のある展開もあるんだけどなんとなく「そんなのものかも」と思わされる。モーガンフリーマンの飄々として暖かいキャラクター造形やリンチェイの心が開いていく様を表現した演技、バリエーション色々なアクションもMassive Attackの音楽もよかった。バート役のボブ・ホプキンスがダニーへ寄せる愛情を含む様々な感情を演じきっていてさすがーだった。

<男前チェック欄>
バートの部下Rafflesが軽口を叩く様にも妙な味を出してて、更にルックスがエミネムにジュード・ロウを混ぜたようなかんじで「うわーこの人いいな」と心のチェック帳にでかく赤丸をつけてわくわくエンディングのキャストロールを見たら…ヴィンセント・リーガンVincent Reganだった!!!
c0005072_2201841.jpg

処刑人にも出てそうな勢い。トロイの時はあんなに落ち着いたかんじだったのに…

トロイのエウドロス役で大ブレイク(私の中で)して調べたらイギリスの舞台やTV中心の活動でなかなか日本ではお目にかかれないと知って凹んだものだったけど、たまにはハリウッド映画にも出るんだとわかってうれしいやら気づかなかったのが悔しいやら。瞳の色が薄い水色なのも印象的なんだよねー。これからもがんばってー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで7/3に書いた記事ですがその後色々な事実が明らかに!
下のコメントにあるkei☆さんのblogを読んで頂くとわかるのですが、私、キャストを勘違いしておりました…。確認すべく再度観に行ったのですが、やはり上でかっこいいのなんのと言っている俳優はLefty役のDylan Brownで、Vincent Reganは前半にダニーにボコられる(ついでにバートに急所蹴りされる)宝石商のトップ、Raffleでした…。
c0005072_1161440.jpg

顔間違えるなんて本当にファンなのかよという表情のヴィンセント

もう公開されてる所は少なくなってますが今から見る予定の方、DVDで見る方は宝石商のRaffleとバートの手下1、Leftyをぜひチェックして下さい!ヴィンセントいいなーと思ったら必ずトロイを!アキレスの副官エウドロス役をものすごく魅力的に演じています。あと赤丸のDylan Brownなんですが映画の中でも目立ってたし人気俳優なんだろうと調べたら全く情報がありませんでした。TVとかにも出てるんだから画像くらいあるだろうと高を括っていたらボブ・ディランしか出てこず…。これからもこの二人は応援していきますー。しかしDylan Brownは手強そう…。これからは情報もよく確かめて記事にするようにします。

日本版キャスト
ダニー:岡村隆史(動けるし、何よりそっくり。お笑いに走らなければいいけど…)
サム:緒形拳(盲目の演技もうまそう。優しいけど強そうなとこも)
ヴィクトリア:加藤あい(岡村とのルックスのバランスでなんとなく。ケリー・コンドンも「ダブリン上等!」組なんだよね。出世させる映画だなー)
バート:大杉蓮(義経の悪い役がよかったので)
[PR]
by 7_7seven | 2005-07-03 23:27 | た行の映画