映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:映画あれこれ( 12 )

2014 アカデミー賞予想と希望

いよいよ明日はアカデミー賞!受賞予想と希望を書きます!今年はテーマがヒーローで司会がエレン、去年のミュージカル場面ときついギャグ連発に比べると地味かも?

最近の傾向を考えると
<作品賞>
プラス要素  実話・画期的な映像・映画愛・人種問題・衝撃的な題材
マイナス要素 去年とかぶる・GG賞受賞

過去五年に当てはめると
13年 アルゴ(実話・映画愛)
12年 アーティスト(映画愛)
11年 英国王のスピーチ(実話)
10年 ハート・ロッカー(衝撃的な題材)
09年 スラムドッグ$ミリオネア(画期的な映像)

2014年のノミネート作は

○ゼロ・グラビティ(画期的な映像)
○それでも夜は明ける(実話・衝撃的な題材・人種問題)
○アメリカン・ハッスル(実話)
○her 世界でひとつの彼女(衝撃的な題材)
○ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
○キャプテン・フィリップス(実話・衝撃的な題材)
○あなたを抱きしめる日まで(実話・衝撃的な題材)
○ウルフ・オブ・ウォールストリート(実話)
○ダラス・バイヤーズクラブ(実話・衝撃的な題材)


希望 ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 
見たばっかりですごいよかったので。プラス要素なんもないけど…話題になって是非たくさんの人に見てもらいたい!

予想 グラビティ
やっぱ映像世界がぐっと進歩させたのは大きいと思います。個人的にはストーリーがちょっと…だけどそれを凌駕する映像のすごさに一票。
対抗はGG受賞の「それでも夜は明ける」予告からすごさが伝わって来るし、実話、人種問題、衝撃的な題材とプラス要素がてんこ盛り。


<監督賞>
○スティーブ・マックイーン(それでも夜は明ける)
○アルフォンソ・キュアロン(ゼロ・グラビティ)
○アレクサンダー・ペイン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
○マーティン・スコセッシ(ウルフ・オブ・ウォールストリート)
○デヴィッド・O・ラッセル(アメリカン・ハッスル )

希望 スティーブ・マックイーン
黒人監督って今まで受賞ないような。この監督の独特の美意識がとても好きです。ミューズであるファスベンダーを胸に勝利に浸ってほしい!

予想 アルフォンソ・キュアロン
やっぱグラビティで総なめくるかな?なので。

<各俳優賞>
プラス要素 実在の人物・大幅な体重増減・美貌を投げ打つ・(女優)期待の若手・(男優)老いた美形スター・業界の人気者・アメリカ以外の国出身・育ちがいいorインテリ

マイナス要素 穫る気満々・(男優)美形俳優・GG賞受賞・何回も受賞済み・やったら辞めそう

<主演女優賞>
○ルピタ・ニョンゴ(それでも夜は明ける)
○ジェニファー・ローレンス(アメリカン・ハッスル)
○サリー・ホーキンス(ブルージャスミン)
○ジューン・スキッブ(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
○ジュリア・ロバーツ(8月の家族たち)

希望 ジューン・スキッブ
これはもうジューン・スキッブで決まり!ネブラスカ見たら皆そう思うと思います。
予想 ルピタ・ニョンゴ
グラヴィティが作品とか監督賞とるので俳優は「それでも〜」になるかもという読み。あと期待の若手女優枠・インテリ枠・アメリカ以外の国出身枠にも入ってるし。

<助演男優賞>
○ジャレッド・レト(ダラス・バイヤーズクラブ)
○マイケル・ファスベンダー(それでも夜は明ける)
○ブラッドリー・クーパー(アメリカン・ハッスル)
○バーカッド・アブディ(キャプテン・フィリップス)
○ジョナ・ヒル(ウルフ・オブ・ウォールストリート)

希望 ジャレッド・レト 
体重体重いわれるけどトランスジェンダーっぷりがすごい。見た目とやるときやる!のギャップが素晴らしい。プラス要素は実在の人物・大幅な体重増減・美貌を投げ打つ。
予想 バーカッド・アブディ
ほぼ素人でトムを食う演技したんだから受賞は当然。「look at me! I m captain now!」の衝撃は忘れられない。プラス要素は実在の人物・アメリカ以外の国出身

<主演女優賞>
○ケイト・ブランシェット(ブルー・ジャスミン)
○エイミー・アダムス(アメリカン・ハッスル)
○ジュディ・デンチ(あなたを抱きしめる日まで)
○サンドラ・ブロック(ゼロ・グラビティ)
○メリル・ストリープ(8月の家族たち)

希望 エイミー・アダムス
ノミネート常連かつ受賞してないから。受賞してると思ってたからびっくり。可愛い役もビッチも上手い。プラス要素は実在の人物・
予想 ケイト・ブランシェット
ウディ・アレン頑張れな気持ちの会員もいるということで。予告しかみてないけど演技も素晴らしかった。

<主演男優賞>
○キウェテル・イジョフォー(それでも夜は明ける)
○ブルース・ダーン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
○マシュー・マコノヒー(ダラス・バイヤーズクラブ)
○レオナルド・ディカプリオ(ウルフ・オブ・ウォールストリート)
○クリスチャン・ベール(アメリカン・ハッスル)

希望 ブルース・ダーン
ネブラスカ見る前はマコノヒー頑張れ!だったけど今はすっかりブルース・ダーン応援団に。あの存在感は出せないと思うので是非受賞してほしい。本当はディカプリオも取ってほしいけど正直無理だよね…実在の人物のプラス要素あるけどクズな人物だし、穫る気満々・(男優)美形俳優・GG賞受賞・やったら辞めそうとマイナス要素が…GG賞のスコセッシ監督を讃える感極まったレオを見たいけど、とったらほんと辞めそうだし…。

予想 キウェテル・イジョフォー
助演と同じく作品賞の代わりに俳優の賞は「それでも〜」に行くという読み。あの「キンキーブーツ」のロ−ラが!プラス要素は実在の人物・アメリカ以外の国出身

あと衣装デザインは「華麗なるギャッツビー」に取って欲しい。アメリカンハッスルもよかったけど。バズ監督のキラキラ映像と相まって素晴らしかったし、シャツ乱舞も楽しかった。

いよいよ明日、答え合わせ楽しみにしてます〜!
[PR]
by 7_7seven | 2014-03-02 22:28 | 映画あれこれ
久々にアイドルが出る映画を見たのでアイドル映画について考えてみた。
自分が考える「アイドル映画」とはアイドルが主演という訳でなく、さらに映画自体の完成度は別として

・主演(アイドル)の見せ方、演出が多彩で最大限に魅力を伝えよう!としている
・主演のかっこいい、可愛い場面だけでなく色々な表情を見せる事に力を注いでいる
・「見た事ない○○が見られて満足!」とファンに思わせる  映画です。

<私の考えるよいアイドル映画>

1・アイドルが色々な格好をする(出来れば露出度も多彩で)
2・1の格好に落差があるほどよい(ゴージャス〜ボロボロの落差やコスプレ感溢れるものなど)
3・ラブシーン必須だがうやむやで終わる(がっつりやらないのがアイドル映画)
4・アイドルがひどい目に遭う(火・水・爆発・拷問で危うし!など)
5・アイドルが色々な場所に降り立つ(これも落差がある程よい)

今回の「謎解き〜」だと
1・櫻井のホームズ姿・北川のドレスとスーツ
2・櫻井のプールでぷかぷか・北川のドレスと地味スーツ
3・爆弾や無人島、タイタニック
4・爆弾や無人島
5・客船・無人島・シンガポール

そこそこクリアといったところでしょうか。
櫻井と北川はほんとにアイドルなので3のラブシーンの入れ方に工夫が必要な所をコメディっぽく上手く演出してたな〜と思いました。

アイドル映画について考えたのは「刑事ジョン・ブック 目撃者」を午前十時の映画祭で再見した時で、随分前に見てて印象は「アーミッシュ・けなげな子役・ヴィゴの若い頃が見られる・渋い刑事もの」だったのが、今見たら「ハリソン・フォードのアイドル映画」だったというびっくりの印象に…。

1・刑事の服・アーミッシュの服
2・同上
3・ヒロインとの微妙な恋愛描写
4・負傷・喧嘩・アーミッシュな仕事をさせられるが下手
5・警察のある都会とアーミッシュ村

c0005072_22401080.jpgc0005072_22385860.jpgスーツ+負傷のワイルドな刑事姿

予想以上に似合うアーミッシュ姿



アイドル映画っぽいなーと思い始めたのはハリソンがアーミッシュの服に着替えたらアーミッシュの女性たちからクスクス笑いが起きて「なんだよ!」な顔のハリソンの描写あたりから。監督のハリソンの魅力漏らさずお届けします!を感じました。
時期的にはSWもインディ・ジョーンズも成功してワイルドなイメージがついた頃で、そのイメージを残しつつアーミッシュの要素を入れる事で文芸的というかただの刑事物じゃないよ、な作品に。
映画の出来もよかったしアイドル映画としても秀逸という希有な例だと思います。


さらに最近のアイドル映画の大傑作「007スカイフォール」に当てはめると

1・スーツ・ジャージ・水着・シャツとジーンズ
2・スーツ〜ジャージ
3・ボンドガールとの寸止めラブシーン
4・味方に撃たれる・ワニに迫られる・男に迫られる・実家を焼かれる
5・イスタンブール・ロンドン・地元
c0005072_22433011.jpg

私服とかは「…」なダニエルさんですがボンドの時は最高にスタイリッシュ!

ボンド映画こそアイドル映画の王道。特にスカイフォールは監督も「最高のアイドル映画を撮ってやるぜ!元カノの旦那だけど」と氷水に落とすわ火であぶるわ、意味なく蠍酒したり(ほんとに意味なくて笑った)プールで泳がせたりワニと絡ませたり、一方で最高に美しいトム・フォードのスーツを着せたりで絶好調でした。

近作だと「ウルヴァリンSAMURAI」もヒューのアイドル映画でボロボロの髭から一気にこざっぱりになったりは正にシンデレラ描写。X-MENのメインシリーズとは違って衣装も和服着たり多彩でした。
キアヌもジョニデも映画内でほぼ格好変わらずの役が多くて私の考えるアイドル映画とは縁が薄い…。

自分大好き!自分でプロデュースもなんでもやっちゃうもんね!のトム・クルーズは案外アイドル映画になってない。特に自分でプロデュースになってからは「トムのPV」色が強く、アイドル的な演出(色々な姿になって色々な目に遭う)がない。アイドル映画の金字塔「トップガン」で世に出たトムだけに是非自己プロデュースを解いてまた傑作アイドル映画を作って欲しい。
c0005072_22453538.jpg

主演のファッションや小物が流行ったりすればアイドル映画として上がり!そういう意味でも007シリーズは王道を歩んでいます。
[PR]
by 7_7seven | 2013-09-16 22:12 | 映画あれこれ