映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:映画あれこれ( 19 )

2015 アカデミー賞予想と希望

いよいよ明日はアカデミー賞!受賞予想と希望を書きます!
ラジー賞にキャメロンが選ばれて話題になっていますが華があるってことなのでスターの証拠ってかんじでしょうか。授賞式に行ってくれたらいいのになー。

c0005072_23151952.jpg

がんばれNeil Patrick Harris!!旦那も応援してるでしょう


最近の傾向を考えると
<作品賞>
プラス要素  実話・画期的な映像・映画愛・人種問題・衝撃的な題材
マイナス要素 去年とかぶる・GG賞受賞


過去五年に当てはめると
14年 それでも夜は明ける(実話・人種問題・衝撃的な題材)
13年 アルゴ(実話・映画愛)
12年 アーティスト(映画愛)
11年 英国王のスピーチ(実話)
10年 ハート・ロッカー(衝撃的な題材)

2015年のノミネート作は

○アメリカン・スナイパー(実話・衝撃的な題材)
○バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(画期的な映像)
○6才のボクが、大人になるまで。(画期的な映像)
○グランド・ブダペスト・ホテル(画期的な映像)
○イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(実話・衝撃的な題材)
○セルマ(原題)(実話・人種問題・衝撃的な題材)
○博士と彼女のセオリー(実話)
○セッション(衝撃的な題材)



●希望 アメリカンスナイパー
今日見たばっかりだから、というのもあるけどこんなすごくて監督賞ノミネートされてないし、これで穫って欲しいなあっていうかイーストウッドのスピーチが聞きたい!

○予想 6才のボクが、大人になるまで。
もう同じような作品は作れないだろうし、完成して公開されたのが奇跡!これは鉄板だと思います!


<監督賞>
○アレハンドロ・G・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
○リチャード・リンクレイター 『6才のボクが、大人になるまで。』
○ベネット・ミラー 『フォックスキャッチャー』
○ウェス・アンダーソン 『グランド・ブダペスト・ホテル』
○モルテン・ティルドゥム 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密



●希望 アレハンドロ・G・イニャリトゥ
全員が1960年代生まれというレース。メキシコ生まれの監督に頑張って欲しい!重厚できついなーと感じる事もあるけど実力は抜群にあると思う!

○予想 リチャード・リンクレイター
同業者が投票となると「よくあんな作品作ったなー」と思われるこの作品にいくのでは


<各俳優賞>
プラス要素 実在の人物・大幅な体重増減・美貌を投げ打つ・(女優)期待の若手・(男優)老いた美形スター・業界の人気者・アメリカ以外の国出身・育ちがいいorインテリ

マイナス要素 穫る気満々・(男優)美形俳優・GG賞受賞・何回も受賞済み・やったら辞めそう


<助演女優賞>
パトリシア・アークエット 『6才のボクが、大人になるまで。』
ローラ・ダーン 『ワイルド(原題)』
キーラ・ナイトレイ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
エマ・ストーン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
メリル・ストリープ 『イントゥ・ザ・ウッズ』


●希望 キーラ・ナイトレイ
まだ見てないけど最近の役選びとかほんと賢いし、信用出来る女優と思うので。ローラ・ダーンもいいなと思うけどキーラの顔が好きなので。エマもいいけど、若いし。何度目だメリル

○予想 パトリシア・アークエット
これも鉄板でしょう!忙しい中、この映画に取り組んだのも偉いし、誰もが心に残るであろう、あの「もっと長いと思ってた」のシーンは誰の心にも響く素晴らしいシーンでした。


<助演男優賞>
○ロバート・デュヴァル 『ジャッジ 裁かれる判事』
○イーサン・ホーク 『6才のボクが、大人になるまで。』
○エドワード・ノートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
○マーク・ラファロ 『フォックスキャッチャー』
○J・K・シモンズ 『セッション』


●希望 ロバート・デュヴァル
ジャッジのレビューにも書きましたがとにかく素晴らしい存在感!喜びのスピーチが聞きたいよー!!RDJとかも祝って欲しいなー。彼がいなかったらノートン先生なんだけど、若いし。


○予想 J・K・シモンズ
見てないけどすごいらしいし、既に色々受賞してるし。編集長も応援してます!


<主演女優賞>
○マリオン・コティヤール 『サンドラの週末』
○フェリシティ・ジョーンズ 『博士と彼女のセオリー』
○ジュリアン・ムーア 『アリスのままで』
○ロザムンド・パイク 『ゴーン・ガール』
○リース・ウィザースプーン 『ワイルド(原題)』



●希望 ロザムンド・パイク
いやー「ゴーンガール」見たら彼女しかいないでしょ!!あのフィンチャーを持ってしてどんな女優か読めないと言わしめた逸材。司会のNPHとの絡みが楽しみ。


○予想 ジュリアン・ムーア
ずーっと上手くて、色々なタブー要素もガンガンやってて、やっとの評価。鉄板でしょう!


<主演男優賞>
○スティーヴ・カレル 『フォックスキャッチャー』
○ブラッドリー・クーパー 『アメリカン・スナイパー』
○ベネディクト・カンバーバッチ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
○マイケル・キートン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
○エディ・レッドメイン 『博士と彼女のセオリー』



●希望 ブラッドリー・クーパー
今日見たばっかりだからというのもあるけど正直彼の演技力舐めてた!肉体改造はもちろんだけど微妙な表情とか兵士っぽい身のこなしとか、見直しました。


○予想 マイケル・キートン
エディ君がプラス要素ばっかり(実在の人物・大幅な体重増減・美貌を投げ打つ・アメリカ以外の国出身・育ちがいいorインテリ)なので最強だと思うけど、投票するのは役者仲間…復活のキートンに票が入るんじゃないかなーと。


あと日本関連では「ダム・キーパー」の堤大介、ロバート・コンドウ共同監督、応援してます。
歌曲賞では「Everything Is Awesome」!!なぜかノミネートされなかった『LEGO(R)ムービー』から是非受賞してほしい!!
いよいよ明日、答え合わせ楽しみにしてます〜!
[PR]
by 7_7seven | 2015-02-22 22:59 | 映画あれこれ
問題です。次の3つの映画の共通点は何でしょう?
c0005072_028688.jpg

トム・クルーズ主演「ミッション・インポッシブル ゴーストプロトコル」
c0005072_0251574.jpg

アーノルド・シュワルツネガー主演「サボタージュ」
c0005072_025132.jpg

リアム・ヘムズワース主演「パワーゲーム」


正解は…「わーこの脇役かっこいい!きっとモデル出身かヨーロッパからハリウッドにきたばかりの俳優に違いない。要チェックや!」…と思って調べたらすべてジョシュ・ホロウェイだったという映画でした!
c0005072_0271756.jpg

何回調べても覚えられない美貌の持ち主ジョシュ・ホロウェイ氏



似たような事は今までもありましたがサボタージュからパワーゲームの間が一週間くらいしかあいてなかったのがショックでした…。映画好きで結構見てるのに、俳優の顔覚えられないとか凹む。
元々私の外国人の顔覚える能力の少なさもありますが、それは置いておいて。
欠点のないタイプの綺麗な顔だから覚えにくいのかな?とも思いましたがルーク・エヴァンスはタイタンの戦いのアポロン以降、出て来たらすぐわかったし。LOSTとか長時間演技するのを見てないからかなー。


いや、綺麗な顔だけど結構役作りで見た目変えてるからでしょう!とそれぞれの映画の写真を集めてみました。
c0005072_0461515.jpg

「ミッション・インポッシブル ゴーストプロトコル」エージェント役 美男美女カップル
c0005072_24329.jpg

「サボタージュ」ネック役 イケメン坊主!
c0005072_0492826.jpg

「パワーゲーム」FBI役 公務員っぽいとこが新境地


…これはわかんなくてもしょうがない!?かな?微妙なところです。サボタージュのネック役は結構頑張って変えたなーとは思うけど面影はしっかりあるし、やっぱ俳優の顔の見分けが出来てないんだろうなあ…。毎回調べるくらい好みのルックスなのに覚えられないのは「パワーゲーム」で最後にして次は出て来た瞬間に「ジョシュ・ホロウェイキター!!」って思えるように精進します。



ちなみに女優の顔で覚えられないのはナオミ・ワッツです。最近はいい加減わかるようになったけど「この女優さん綺麗!…ナオミ・ワッツか!」ってのが何回も。やっぱり俳優の顔を見分ける能力に欠けているようです。カンバーバッチは「つぐない」で一発で覚えたのになー(それは誰でも)
[PR]
by 7_7seven | 2015-01-31 23:22 | 映画あれこれ
東宝シネマのフリーパスの二回目が終了。

※東宝シネマズは映画の観賞時間の分数をマイルとして貯めていくシステムで(例えば120分なら120マイル)マイル数によって特典と交換出来ます。6000ポイント(六本木は9000らしい。鬼すぎる…)たまると何と一ヶ月映画館フリーパス!のパスポートがもらえます。午前十時の映画祭とかライブ中継とかの特別上映以外はフリーで映画が見放題という夢のような特典です。マイルは期限付きなので期限が切れるまでになんとか6000まで行きたいのですが結構難しい。正直、他の特典は1000ポイントでドリンクSサイズとかびっくりする程しょぼいので貯めるとなったら何が何でもフリーパス狙いがおすすめです!


前回は2013年の9月〜10月で17本でした。6000ポイントたまるまで15ケ月くらい掛かってますね〜。午前十時の映画祭にあまり行かなかったのもあるかも。2014年末で期限切れしなかったら2015年夏の大作ラッシュの時に使いたかったんですが、今回のも結構楽しかったです。
c0005072_22572480.jpg

期限切れなかったらAvengers: Age of Ultron を何回も見たかった!



一覧にすると

ホビット 決戦のゆくえ×2
6才のボクが、大人になるまで
96時間 レクイエム
シン・シティ 復讐の女神
ベイマックス
ゴーンガール
12-12-12 ニューヨーク、奇跡のライブ
ビッグ・アイズ
アニー
バンクーバーの朝日
トラッシュ! この街が輝く日まで


計12本。年始年末挟んじゃったのと年明けも土日忙しかったのとお正月で子供向け映画が多かったのとで前回より少ないとは思ってたけど予想より多かった!度胸試し?でアオハライドとかも見てみようかと思ったけど時間が合わず…でもベイマックス、ゴーンガール、ホビットの粒ぞろいの作品がフリーパスのおかげで2回目見られたし、大満足です!

今回不思議だったのがフリーパスで見るときは会員カードを機械に通してチケットとってるのに、この記事を書く為に東宝の会員サイトで観賞履歴確認したらフリーパスで見たのに載っていない作品が何本かあること。いつ何見たか忘れたときはサイトでチェックすればいいやと思ってたけどやっぱり自分できちんと記録とってないと駄目だなあ。やっぱアナログですよ!

今ポイント一桁になっちゃいましたがまた地道にコツコツ貯めていこうと思います。
フリーパスのある一ヶ月、予定組んだりするのも楽しいので貯めてらっしゃる方お互い頑張りましょう〜
[PR]
by 7_7seven | 2015-01-29 22:02 | 映画あれこれ
第72回ゴールデン・グローブ賞授賞式 映画部門です。
アカデミー前哨戦とも言われますが結構ここで受賞したらオスカー受賞は厳しかったり(去年のディカプリオとか)、オスカーの投票数と比べると少数の外国人記者で決まるせいかたまにミーハーというか?な作品(ツーリストとか)がノミネートされたり色々複雑な印象だったのですが地味ながらもよい作品が受賞したり初受賞とか長年頑張ってた人がついに、だったりで個人的にはよかったなーというのが今回の感想です。

c0005072_2131622.jpg

作品賞の「6才のボクが大人になるまで」映画本編見てると感慨深い写真です。

●作品賞
☆「6才のボクが、大人になるまで。」
「フォックスキャッチャー」
「The Imitation Game」
「SELMA」
「博士と彼女のセオリー」

●男優賞
☆エディ・レッドメイン(「博士と彼女のセオリー」)
スティーヴ・カレル(「フォックスキャッチャー」)
ベネディクト・カンバーバッチ(「The Imitation Game」)
ジェイク・ギレンホール(「Nightcrawler」)
デヴィッド・オイェロウォ(「SELMA」)

●女優賞
☆ジュリアン・ムーア(「アリスのままで」)
ジェニファー・アニストン(「Cake」)
フェリシティ・ジョーンズ(「博士と彼女のセオリー」)
ロザムンド・パイク(「ゴーン・ガール」)
リース・ウィザースプーン(「Wild」)


■ミュージカル/コメディ部門

●作品賞
☆「グランド・ブダペスト・ホテル」
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
「イントゥ・ザ・ウッズ」
「Pride」
「St. Vincent」

●男優賞
☆マイケル・キートン(「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)
レイフ・ファインズ(「グランド・ブダペスト・ホテル」)
ビル・マーレイ(「St. Vincent」)
ホアキン・フェニックス(「Inherent Vice」)
クリストフ・ヴァルツ(「ビッグ・アイズ」)

●女優賞
☆エイミー・アダムス(「ビッグ・アイズ」)
エミリー・ブラント(「イントゥ・ザ・ウッズ」
ヘレン・ミレン(「マダム・マロリーと魔法のスパイス」)
ジュリアン・ムーア(「マップ・トゥ・ザ・スターズ」)
クワベンジャネ・ウォレス(「ANNIE/アニー」)


●助演男優賞
☆J・K・シモンズ(「Whiplash」)
ロバート・デュヴァル(「ジャッジ 裁かれる判事」)
イーサン・ホーク(「6才のボクが、大人になるまで。」)
エドワード・ノートン(「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)
マーク・ラファロ(「フォックスキャッチャー」)

●助演女優賞
☆パトリシア・アークエット(「6才のボクが、大人になるまで。」)
ジェシカ・チャステイン(「A Most Violent Year」)
キーラ・ナイトレイ(「The Imitation Game(原題)」)
エマ・ストーン(「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)
メリル・ストリープ(「イントゥ・ザ・ウッズ」)

●監督賞
☆リチャード・リンクレイター(「6才のボクが、大人になるまで。」)
ウェス・アンダーソン(「グランド・ブダペスト・ホテル」)
エヴァ・デュヴルネ(「Selma」)
デヴィッド・フィンチャー(「ゴーン・ガール」)
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)

●脚本賞
☆アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr、アルマンド・ボー(「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)
ウェス・アンダーソン(「グランド・ブダペスト・ホテル」)
ギリアン・フリン(「ゴーン・ガール」)
リチャード・リンクレイター(「6才のボクが、大人になるまで。」)
グレアム・ムーア(「The Imitation Game」)

●作曲賞
☆ヨハン・ヨハンソン(「博士と彼女のセオリー」)
アレクサンドル・デスプラ(「The Imitation Game」)
トレント・レズナー(「ゴーン・ガール」)
アントニオ・サンチェス(「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)
ハンス・ジマー(「インターステラー」)

●主題歌賞
☆「Glory」(「Selma」)
「ビッグ・アイズ」(「ビッグ・アイズ」)
「マーシー・イズ」(「ノア 約束の舟」)
「オポチュニティ」(ANNIE/アニー」
「Yellow Flicker Beat」(「The Hunger Games: Mockingjay Part1」)

●アニメ作品賞
☆「How To Train Your Dragon 2/ヒックとドラゴン2」
「LEGO® ムービー」
「ベイマックス」
「The Book of Life」
「The Boxtrolls」


■外国語映画賞
☆「Leviathan」(ロシア)
「ツーリスト」(スウェーデン)
「Gett: The Traial of Viviane Amsalem Gett」(イスラエル)
「イーダ」(ポーランド/デンマーク)
「Tangerines Mandarinid」(エストニア)
[PR]
by 7_7seven | 2015-01-13 01:55 | 映画あれこれ
第72回ゴールデン・グローブ賞授賞式が行われました!いつもは仕事中にネットで確認してるので今回は休みだから中継観られる!やった〜!と喜んでたら今回AXNは夜からで生中継はスカパーだったんですね。あら〜…無料放送でしたがそれも観られる環境でなく、なくなくいつものネットチェックになりました。賞自体のツイッターとかで結果はほぼ同時にわかったのはよかったですが。
c0005072_20491460.jpg

ノーマルハートで受賞のマット・ボマー。いつ見ても超絶男前!おめでとう〜

TV部門は新作にガンガン賞が行きましたね〜人気シリーズ揃いの他候補を押さえての受賞なので早く見たい!そして随分前から受賞候補者はキャスト・スタッフ共に映画もドラマも変わらなくなってきてまさしく今一番才能とお金が集まっているジャンルだと思います。
個人的にはマット・ボマーとケヴィン・スペイシーの受賞が嬉しかったです。あとジェイクもオスカー受賞して姉弟ともに喜んで欲しい!

<ドラマ・シリーズ部門>

●作品賞
☆「The Affair(原題)」
「ダウントン・アビー」
「ゲーム・オブ・スローンズ」
「グッド・ワイフ」
「ハウス・オブ・カード 野望の階段」

●男優賞
☆ケヴィン・スペイシー(「ハウス・オブ・カード 野望の階段」)
クライヴ・オーウェン(「The Knick」)
リーヴ・シュレイバー(「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」
ジェームズ・スペイダー(「ブラック・リスト」)
ドミニク・ウェスト(「The Affair」)
未見ですが評判がすごいハウス〜のケヴィンが受賞!

●女優賞
◎ルース・ウィルソン(「The Affair」)
クレア・デインズ (「HOMELAND」)
ヴィオラ・デイヴィス(「How To Get Away With Murder」)
ジュリアナ・マルグリース(「グッド・ワイフ」)
ロビン・ライト(「ハウス・オブ・カード 野望の階段」


●ミュージカル/コメディ・シリーズ部門

●作品賞
☆「Transparent」
「GIRLS/ガールズ」
「Jane the Virgin」
「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち」
「Silicon Valley」


●男優賞
☆ジェフリー・タンバー(「Transparent」)
ルイス・C・K(「Louie」)
ドン・チードル(「House Of Lies」)
リッキー・ジャーヴェイス(「Derek」
ウィリアム・H・メイシー(「シェイムレス 俺たちに恥はない」)

●女優賞
☆ジーナ・ロドリゲス (「Jane the Virgin」)
レナ・ダナム (「GIRLS/ガールズ」)
イーディ・ファルコ (「ナース・ジャッキー」)
ジュリア・ルイス=ドレイファス (「Veep」)
テイラー・シリング(「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち」)


●ミニ・シリーズ・TVムービー部門

◇作品賞
☆「FARGO/ファーゴ」
「The Missing」
「ノーマル・ハート」
「Olive Kitteridge」
「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」

●男優賞
☆ビリー・ボブ・ソーントン(「FARGO/ファーゴ」)
マーティン・フリーマン(「FARGO/ファーゴ」)
ウディ・ハレルソン(「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」)
マシュー・マコノヒー(「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」)
マーク・ラファロ(「ノーマル・ハート」)


●女優賞
☆マギー・ギレンホール(「The Honorable Woman」)
ジェシカ・ラング(「American Horror Story: Freak Show」
フランシス・マクドーマンド(「Olive Kitteridge」)
フランシス・オコナー(「The Missing」)
アリソン・トルマン(「FARGO/ファーゴ」)


●助演男優賞
☆マット・ボマー(「ノーマル・ハート」)
アラン・カミング(「グッド・ワイフ」)
コリン・ハンクス(「FARGO/ファーゴ」)
ビル・マーレイ(「Olive Kitteridge」)
ジョン・ヴォイト(「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」

●助演女優賞
☆ジョアン・フロガット(「ダウントン・アビー」)
ウゾ・アドゥバ (「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック 塀の中の彼女たち」)
キャシー・ベイツ(「American Horror Story: Freak Show」)
アリソン・ジャニー(「Mom(原題)」)
ミシェル・モナハン(「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」)
[PR]
by 7_7seven | 2015-01-12 23:20 | 映画あれこれ
MTVでMTV movie awards の2014年版を見ました。本国では4/13に開催。
司会はコナン・オブライエン。オープニング映像とかオスカーのもやもやが多少晴れました!
c0005072_224744100.jpg

ポップコーン型のトロフィーがかわいい

まずプレショーからふざけすぎで嬉しい。トリビュートになってないトリビュートコーナーではジョー・マンガニエロが「ホビットのアクションシーンやります」と適当すぎる物真似を、ロック様が「マシュー・マコノヒーに賛歌を」と例のンーンー(ドンドン)を無表情で、エミール・ハーシュが「チャニング・テイタムの物真似」を披露。他にもアメリカの国旗を振りながらハッスル〜♪と歌ったり、ふざけてて素晴らしかったです。特にエミールのチャニングの物真似はいいの?レベルでした。エミールあんな男だったとは…。


オスカーではなかったふざけたオープニング映像が楽しい。オープニング映像の会議でコナン曰く「今の子は笑いよりセレブが見たいんだよ。だから50人のセレブを出そう!」と街に飛び出しセレブに無理矢理映像に入ってもらうという話。こちらで観られるので興味のある方は是非。私はイライジャ・ノアのキャスト5人組でコナンのタマ蹴り・Jニコルソン・バンクシー・ジャック・ホワイトがお気に入りです。

放送された部分で特に印象に残ったところ。

最優秀変身賞(BEST ON-SCREEN TRANSFORMATION):ジャレッド・レト
『ダラス・バイヤーズクラブ』で受賞。HIVへの理解を呼びかけてました。
ミュージシャンなのでMTVの会場でもしっくり来てて格好よかった。


最優秀シャツなし演技賞(BEST SHIRTLESS PERFORMANCE):ザック・エフロン
「That Awkward Moment」で受賞。MTV公式ではリタ・オラに剥かれるザックがトップに来てます。すごい歓声だったからまだまだ人気健在なんですねー。ヒットしてるNeighbors も楽しみです。


MTVトレイルブレイザー・アワード:チャニング・テイタム
才能豊かな若手俳優に贈られるそうですがイケメン、演技上手い、踊れる、コメディ、アクション、恋愛ものもいける、というすごさ。さらにプロヂュースも成功して奥さんとの仲もよさげですごいな!こういうタイプの俳優さんはアメリカならではですね。このチャニングへの言葉がよかったので別カテゴリーで紹介します。

最優秀キスシーン賞(BEST KISS):エマ・ロバーツ&ジェニファー・アニストン&ウィル・ポールター
『なんちゃって家族』で受賞。ウィル・ポールター君はブレイクスルー演技(BREAKTHROUGH PERFORMANCE)とW受賞。決してイケメンじゃないけど表情が魅力的ですごい応援してます。なんちゃって家族、超面白いので是非!リトルランボーズやナルニアもおすすめです。

最優秀タッグ賞(BEST ON-SCREEN DUO):ヴィン・ディーゼル&ポール・ウォーカー
『ワイルド・スピード EURO MISSION』で。この受賞シーン放送なかったんですがポール・ウォーカーの追悼がありました。Jブリュースターとヴィン・ディーゼルの言葉からポールが本当に皆から愛されて、誠実な人柄だったのが伝わって来ました。


最優秀バトル賞(BEST FIGHT):『ホビット 竜に奪われた王国』
オーランド・ブルームが受賞。スタントの方達への感謝。レゴラスのアクション素晴らしかったので納得です。プレゼンターがアーロン・テイラー・ジョンソンだったけどゴジラ紹介の演出でスモークで誰かわからず…後半綺麗な顔が見られて一安心でした。オーランドから「キックアスな賞をキックアスからもらったよ!」と言われてなぜか私が嬉しかった。


アメージング・スパイダーマン2の特典映像も目玉だったんだけど、それにまつわるコントが楽しかった。特別映像が入ったPCのパスワードを忘れたアンドリュー。困ったエマとジェイミーはGeek Squad(コナン)を呼んで思い出そうとする。英国出身らしいワードだ!とエマ達はダウントンアビー?とかボンド、ジェームズボンド?とか適当な答えの中、ついに思い出したパスワードは…“Harry Styles Makes Me Smile”

最優秀作品賞(MOVIE OF THE YEAR):『ハンガー・ゲーム2』
最優秀男優賞受賞のジョシュ・ハッチャーソン らがステージへ。感謝の念を表したあと、フィリップ・シーモア・ホフマンへの追悼も語っていました。


その他の受賞一覧。日本放送はかなりはしょってあったのか見た覚えのない賞がいっぱい…ヘンリーカヴィル出席してほしかったなー。個人的にはジョニーデップのしょぼくれぶりに驚愕でした。マーク・ウォルバーグは消される箇所だらけのスピーチで笑い取ったり攻撃的というか今からも稼ぎまっせ!感満々だったのに比べると寂しい気持ちに…。バートン監督もいいけど秀作「ギルバート・グレイプ」みたいな自然な演技も見てみたい!


最優秀女優賞(BEST FEMALE PERFORMANCE):
ジェニファー・ローレンス 『ハンガー・ゲーム2』

最優秀コメディ演技賞(BEST COMEDIC PERFORMANCE):
ジョナ・ヒル 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

最優秀恐怖演技賞(BEST SCARED-AS-S**T PERFORMANCE):
ブラッド・ピット 『ワールド・ウォーZ』

“何これ?!”シーン賞(BEST WTF MOMENT):
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

最優秀悪役賞(BEST VILLAIN):
ミラ・クニス 『オズ はじまりの戦い』

最優秀ミュージカルシーン賞(BEST MUSICAL MOMENT):
『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』

最優秀カメオ賞(BEST CAMEO PERFORMANCE):
リアーナ 『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』

最優秀ヒーロー賞(BEST HERO):
ヘンリー・カヴィル 『マン・オブ・スティール』

フェイバリット・キャラクター賞(Favorite Character):
トリス(シェイリーン・ウッドリー)

MTVジェネレーション・アワード:※映画シーンにおける長年の功績を称える特別賞
マーク・ウォールバーグ


ハンガーゲームが受賞するところがMTVらしくていいなー!エミネム、リアーナ最強コンビのパフォーマンスもよかったし、ショー自体が楽しみましょーふざけましょー精神に溢れててよかった。しつこいですがオスカーのショー演出が不満だったのでやっと溜飲が下がった感じです。ありがとう!!再放送あるので興味持った方は是非!
[PR]
by 7_7seven | 2014-05-10 22:35 | 映画あれこれ
終わっちゃいましたね〜例年以上に大番狂わせなしでした。
これ日付的には賞のすぐあとですが実際書いてるのは4/1です。なので実際見た映画の感想もちょこちょこ入っています。後で書き込み出来るのとデザインがシンプルなのでエキサイトブログにしてます!では答え合わせです!

<作品賞>
希望 ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 
予想 グラビティ
受賞 それでも夜は明ける

希望にならず、予想もハズレ…受賞後監督がぴょんぴょん跳ねてたのが可愛かった、というか意外だった。そして当日は気付かなかった監督VS脚本家のバトル…!
実際上記3本作品見た後だと映画としてはやっぱりネブラスカが好きだなあ。

<監督賞>

希望 スティーブ・マックイーン
予想 アルフォンソ・キュアロン
受賞 アルフォンソ・キュアロン

監督賞あたり!というか鉄板だったみたいで。それでも〜とグラビティで上手く分け合ったかんじでしょうか。黒人初の監督賞取って欲しかったですが。


<助演女優賞>
希望 ジューン・スキッブ
予想 ルピタ・ニョンゴ
受賞 ルピタ・ニョンゴ

予想当たり〜というかこれも鉄板だったらしく。ジューンさんにとってほしかったなあ。WOWWOWレッドカーペットでも可愛かった。日本にいらっしゃったことあるらしく嬉しい!
実際「それでも〜」見たらルピタよかったけど演技賞もらう程か?だったけど女優賞は「これから頑張ってね」の期待、伸びしろ込みなのでしょう。演技的にはマイケルの嫁さん役のサラ・ポールソンだったけどな。

<助演男優賞>
希望 ジャレッド・レト 
予想 バーカッド・アブディ
受賞 ジャレッド・レト 
希望適った!というかこれも鉄板だったようで。スピーチがよかった。お母様美しい!レイヨンはオカマでもなく女装の男性でもゲイでもなく「間違って男性に生まれた女性」で素晴らしかった。

<主演女優賞>
希望 エイミー・アダムス
予想 ケイト・ブランシェット
受賞 ケイト・ブランシェット
予想当たり!というかこれも鉄板だったようで。ブルージャスミンは予告しか見てないけど面白そう。

<主演男優賞>
希望 ブルース・ダーン
予想 キウェテル・イジョフォー
受賞 マシュー・マコノヒー
どっちも外れてマシューでした。おめでとう!ディカプリオ残念。毎回「今回もダメだった瞬間のディカプリオ」に注目されて気の毒。隣お母様がいて微笑ましかった。次こそ受賞!

ショー自体はすごく話題になったし視聴率も良くてツイッターとかピザとか盛り上がった風だけど私としては去年の方がよかった。エレンも嫌いじゃないしポーシャと仲睦まじくて微笑ましいしエレンの部屋もよくみるし。でも、アカデミーとしてはちょっと…もう見返さないだろうなーとWOWWOWの字幕版すぐ消しちゃった。去年の毒舌ショー消さなくてよかった!ラストの歌は今年もやってほしかった。レオの歌聞きたかったなあ〜

エレン組というか仲良しクラブに入っていないときつかったと思う。あの「クラスの人気者楽しんでます!皆も私たち見て楽しいでしょ?」な雰囲気が勘弁だった…。私は綺麗なショーとか飛び散る火花が見たいんだよ!今年デニーロかトミーリージョーンズがいたらどんな顔をしてるのか…。でもメリルは「初ツイートよ!」とかはしゃいで見せたりしてたし、やっぱスター様は何でも対応するんだなあ。

ディカプリオとかもあそこでピザ配ったりどんどん写真のフレームに入ったりさらに変顔したりするくらいだったら賞もとれるんだろうなあ。。。いつもは仕事やる気ゼロなはずのハリソンがちゃっかり笑いをとっててレオはハリソンにマスターになってもらうべき!

WOWWOWの番組は去年よりずっとよかった!おもてなし効果によりクリステル嬢が降板してくれて本当に嬉しい。夏目ちゃん、朝の番組はいまいちだけどWOWWOWとは相性よかったと思う。可愛いし華がある。レッドカーペット2人も地味だったけどよかった。あの戦場でスター呼び止めるの大変よ。次回も是非同じメンバーで!
[PR]
by 7_7seven | 2014-03-04 21:57 | 映画あれこれ
2014 アカデミー賞予想と希望

いよいよ明日はアカデミー賞!受賞予想と希望を書きます!今年はテーマがヒーローで司会がエレン、去年のミュージカル場面ときついギャグ連発に比べると地味かも?

最近の傾向を考えると
<作品賞>
プラス要素  実話・画期的な映像・映画愛・人種問題・衝撃的な題材
マイナス要素 去年とかぶる・GG賞受賞

過去五年に当てはめると
13年 アルゴ(実話・映画愛)
12年 アーティスト(映画愛)
11年 英国王のスピーチ(実話)
10年 ハート・ロッカー(衝撃的な題材)
09年 スラムドッグ$ミリオネア(画期的な映像)

2014年のノミネート作は

○ゼロ・グラビティ(画期的な映像)
○それでも夜は明ける(実話・衝撃的な題材・人種問題)
○アメリカン・ハッスル(実話)
○her 世界でひとつの彼女(衝撃的な題材)
○ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
○キャプテン・フィリップス(実話・衝撃的な題材)
○あなたを抱きしめる日まで(実話・衝撃的な題材)
○ウルフ・オブ・ウォールストリート(実話)
○ダラス・バイヤーズクラブ(実話・衝撃的な題材)


希望 ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 
見たばっかりですごいよかったので。プラス要素なんもないけど…話題になって是非たくさんの人に見てもらいたい!

予想 グラビティ
やっぱ映像世界がぐっと進歩させたのは大きいと思います。個人的にはストーリーがちょっと…だけどそれを凌駕する映像のすごさに一票。
対抗はGG受賞の「それでも夜は明ける」予告からすごさが伝わって来るし、実話、人種問題、衝撃的な題材とプラス要素がてんこ盛り。


<監督賞>
○スティーブ・マックイーン(それでも夜は明ける)
○アルフォンソ・キュアロン(ゼロ・グラビティ)
○アレクサンダー・ペイン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
○マーティン・スコセッシ(ウルフ・オブ・ウォールストリート)
○デヴィッド・O・ラッセル(アメリカン・ハッスル )

希望 スティーブ・マックイーン
黒人監督って今まで受賞ないような。この監督の独特の美意識がとても好きです。ミューズであるファスベンダーを胸に勝利に浸ってほしい!

予想 アルフォンソ・キュアロン
やっぱグラビティで総なめくるかな?なので。

<各俳優賞>
プラス要素 実在の人物・大幅な体重増減・美貌を投げ打つ・(女優)期待の若手・(男優)老いた美形スター・業界の人気者・アメリカ以外の国出身・育ちがいいorインテリ

マイナス要素 穫る気満々・(男優)美形俳優・GG賞受賞・何回も受賞済み・やったら辞めそう

<主演女優賞>
○ルピタ・ニョンゴ(それでも夜は明ける)
○ジェニファー・ローレンス(アメリカン・ハッスル)
○サリー・ホーキンス(ブルージャスミン)
○ジューン・スキッブ(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
○ジュリア・ロバーツ(8月の家族たち)

希望 ジューン・スキッブ
これはもうジューン・スキッブで決まり!ネブラスカ見たら皆そう思うと思います。
予想 ルピタ・ニョンゴ
グラヴィティが作品とか監督賞とるので俳優は「それでも〜」になるかもという読み。あと期待の若手女優枠・インテリ枠・アメリカ以外の国出身枠にも入ってるし。

<助演男優賞>
○ジャレッド・レト(ダラス・バイヤーズクラブ)
○マイケル・ファスベンダー(それでも夜は明ける)
○ブラッドリー・クーパー(アメリカン・ハッスル)
○バーカッド・アブディ(キャプテン・フィリップス)
○ジョナ・ヒル(ウルフ・オブ・ウォールストリート)

希望 ジャレッド・レト 
体重体重いわれるけどトランスジェンダーっぷりがすごい。見た目とやるときやる!のギャップが素晴らしい。プラス要素は実在の人物・大幅な体重増減・美貌を投げ打つ。
予想 バーカッド・アブディ
ほぼ素人でトムを食う演技したんだから受賞は当然。「look at me! I m captain now!」の衝撃は忘れられない。プラス要素は実在の人物・アメリカ以外の国出身

<主演女優賞>
○ケイト・ブランシェット(ブルー・ジャスミン)
○エイミー・アダムス(アメリカン・ハッスル)
○ジュディ・デンチ(あなたを抱きしめる日まで)
○サンドラ・ブロック(ゼロ・グラビティ)
○メリル・ストリープ(8月の家族たち)

希望 エイミー・アダムス
ノミネート常連かつ受賞してないから。受賞してると思ってたからびっくり。可愛い役もビッチも上手い。プラス要素は実在の人物・
予想 ケイト・ブランシェット
ウディ・アレン頑張れな気持ちの会員もいるということで。予告しかみてないけど演技も素晴らしかった。

<主演男優賞>
○キウェテル・イジョフォー(それでも夜は明ける)
○ブルース・ダーン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
○マシュー・マコノヒー(ダラス・バイヤーズクラブ)
○レオナルド・ディカプリオ(ウルフ・オブ・ウォールストリート)
○クリスチャン・ベール(アメリカン・ハッスル)

希望 ブルース・ダーン
ネブラスカ見る前はマコノヒー頑張れ!だったけど今はすっかりブルース・ダーン応援団に。あの存在感は出せないと思うので是非受賞してほしい。本当はディカプリオも取ってほしいけど正直無理だよね…実在の人物のプラス要素あるけどクズな人物だし、穫る気満々・(男優)美形俳優・GG賞受賞・やったら辞めそうとマイナス要素が…GG賞のスコセッシ監督を讃える感極まったレオを見たいけど、とったらほんと辞めそうだし…。

予想 キウェテル・イジョフォー
助演と同じく作品賞の代わりに俳優の賞は「それでも〜」に行くという読み。あの「キンキーブーツ」のロ−ラが!プラス要素は実在の人物・アメリカ以外の国出身

あと衣装デザインは「華麗なるギャッツビー」に取って欲しい。アメリカンハッスルもよかったけど。バズ監督のキラキラ映像と相まって素晴らしかったし、シャツ乱舞も楽しかった。

いよいよ明日、答え合わせ楽しみにしてます〜!
[PR]
by 7_7seven | 2014-03-02 22:28 | 映画あれこれ
久々にアイドルが出る映画を見たのでアイドル映画について考えてみた。
自分が考える「アイドル映画」とはアイドルが主演という訳でなく、さらに映画自体の完成度は別として

・主演(アイドル)の見せ方、演出が多彩で最大限に魅力を伝えよう!としている
・主演のかっこいい、可愛い場面だけでなく色々な表情を見せる事に力を注いでいる
・「見た事ない○○が見られて満足!」とファンに思わせる  
映画です。

<私の考えるよいアイドル映画>

1・アイドルが色々な格好をする(露出度も多彩で)
2・1の格好に落差があるほどよい(ゴージャス〜ボロボロの落差やコスプレ感溢れるものなど)
3・ラブシーン必須だがうやむやで終わる(がっつりやらないのがアイドル映画)
4・アイドルがひどい目に遭う(火・水・爆発・拷問で危うし!など)

5・アイドルが色々な場所に降り立つ(これも落差がある程よい)

今回の「謎解き〜」だと
1・櫻井のホームズ姿・北川のドレスとスーツ
2・櫻井のプールでぷかぷか・北川のドレスと地味スーツ
3・爆弾や無人島、タイタニック
4・爆弾や無人島
5・客船・無人島・シンガポール

そこそこクリアといったところでしょうか。
櫻井と北川はほんとにアイドルなので3のラブシーンの入れ方に工夫が必要な所をコメディっぽく上手く演出してたな〜と思いました。

アイドル映画について考えたのは「刑事ジョン・ブック 目撃者」を午前十時の映画祭で再見した時で、随分前に見てて印象は「アーミッシュ・けなげな子役・ヴィゴの若い頃が見られる・渋い刑事もの」だったのが、今見たら「ハリソン・フォードのアイドル映画」だったというびっくりの印象に…。

1・刑事の服・アーミッシュの服
2・同上
3・ヒロインとの微妙な恋愛描写
4・負傷・喧嘩・アーミッシュな仕事をさせられるが下手
5・警察のある都会とアーミッシュ村


c0005072_21523004.png
スーツのワイルドな刑事姿

c0005072_21530081.png
予想以上に似合うアーミッシュ姿



アイドル映画っぽいなーと思い始めたのはハリソンがアーミッシュの服に着替えたらアーミッシュの女性たちからクスクス笑いが起きて「なんだよ!」な顔のハリソンの描写あたりから。監督のハリソンの魅力漏らさずお届けします!を感じました。


時期的にはSWもインディ・ジョーンズも成功してワイルドなイメージがついた頃で、そのイメージを残しつつアーミッシュの要素を入れる事で文芸的というかただの刑事物じゃないよ、な作品に。
映画の出来もよかったしアイドル映画としても秀逸という希有な例だと思います。


さらに最近のアイドル映画の大傑作「007スカイフォール」に当てはめると

1・スーツ・ジャージ・水着・シャツとジーンズ
2・スーツ〜ジャージ
3・ボンドガールとの寸止めラブシーン
4・味方に撃たれる・ワニに迫られる・男に迫られる・実家を焼かれる
5・イスタンブール・ロンドン・地元
c0005072_22433011.jpg

私服とかは「…」なダニエルさんですがボンドの時は最高にスタイリッシュ!

ボンド映画こそアイドル映画の王道。特にスカイフォールは監督も「最高のアイドル映画を撮ってやるぜ!元カノの旦那だけど」と氷水に落とすわ火であぶるわ、意味なく蠍酒したり(ほんとに意味なくて笑った)プールで泳がせたりワニと絡ませたり、一方で最高に美しいトム・フォードのスーツを着せたりで絶好調でした。

近作だと「ウルヴァリンSAMURAI」もヒューのアイドル映画でボロボロの髭から一気にこざっぱりになったりは正にシンデレラ描写。X-MENのメインシリーズとは違って衣装も和服着たり多彩でした。
キアヌもジョニデも映画内でほぼ格好変わらずの役が多くて私の考えるアイドル映画とは縁が薄い…。

自分大好き!自分でプロデュースもなんでもやっちゃうもんね!のトム・クルーズは案外アイドル映画になってない。特に自分でプロデュースになってからは「トムのPV」色が強く、アイドル的な演出(色々な姿になって色々な目に遭う)がない。アイドル映画の金字塔「トップガン」で世に出たトムだけに是非自己プロデュースを解いてまた傑作アイドル映画を作って欲しい。
c0005072_22453538.jpg

主演のファッションや小物が流行ったりすればアイドル映画として上がり!そういう意味でも007シリーズは王道を歩んでいます。

[PR]
by 7_7seven | 2013-09-16 22:12 | 映画あれこれ