映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

インサイドマン INSIDEMAN

これもかなり前に見たような。でも私の「この人がでてたら見るよリスト」のクライヴが出てたので即見。前はジョディもだったけどこの頃(ふらいとぷらんとか)役柄的にどうなのよ?なのでややはずれ中デンゼルも好きだけど全部見る!まで愛情はないんだよねー。スパイク・リーも見るの久々だし期待して映画館へ。
c0005072_22212114.jpg

んー地味なポスター。

宣伝では「強盗が人質に同じ服を着せて拉致」っていう設定を前面に出してたけどそこに集中すると話の方に気が向かないような。記憶力のいい人じゃないとなかなか厳しい。しかし冒頭のクライヴの語りは「リバティーン」のジョニーとかぶる。こっちの方が話にからんできて面白いんだけどどっちも眼力があるから引きこまれる。つかみはOK!ってかんじでいいねえ。

とにかく話の筋も面白いんだけどキャラクターがひとくせある人ばっかりなのが最高。二流ではないけど一流でもない悪党のクライヴ、警察という仕事と微妙な位置を保つデンゼル、食えない女のジョディ、皆善人と悪人の間を漂っているかんじがすごくいい。INSIDE-MANというタイトルに二重三重に意味がかかってるんだよねー。人種ネタもうまく織り込んであってスパイク・リーがエンターテイメントに真摯になってるかんじでいい。

ふと部屋を掃除しだしたらゴミが出まくり。本を売りに行ったら600円にしかならなかった。カバーとっちゃうのがよくないんだよねー。でもまだまだ汚い部屋。あと何日かかるのやらー。がんばれ自分。誰もいってくれないから自分で。
[PR]
by 7_7seven | 2006-07-29 22:17 | あ行の映画
ジェイソンの禿げを愛する私としては見ない訳にはいかない「トランスポーター2」
シネコンでしかやってなくて、シネコンといえば売り上げでどんどん上映シアターのランクと上映回数が変わって行く弱肉強食の場所。迷わず公開初日に向かったのでした(ジェイソン人気を信じてないのか…)(そうです)
c0005072_23152563.jpg

もっとジェイソンをプリーズ

アメリカではNo.1とったくらい人気だったそうですが、1で好きだったどっかおかしみのある、抑えたかんじの大人なアクションは完全に消え去り、というか「運び屋」という設定もどこかへ飛んで行き、ひたすら超人ジェイソンの活躍を口をあけてぽかーんと見ている映画。その場にあるホースやら棒やらを使ってすてきな奥さん的「そんな使い方があったなんて!」的なおもしろアクションをする様はまさに平成の(ハリウッドだけど)ジャッキー・チェン。いっそNG集でエンディングやって欲しかった。不死身のジェイソン、なぜか銃弾が当たらないジェイソン、美人妻(最後の恋のはじめかた」に続きアンバー・バレッタ好演)からの誘惑にも屈しないジェイソン。色々なジェイソンが見られます。しかし性格的なものからいうとフランスよりイギリス出身の方がいいような気がした。あの行動の数々のどこがフランス人なんだか。

あやしすぎる剣道シーンを見た時からおもしろアクションものとして見たけど特に笑ったのが車の探知機への対処の仕方。さすがというかなんというか。製作のリュック/ベッソンの大好きな華奢なモデル出身女優、無茶苦茶なカーアクション、ぬるいフランスネタ、とベッソン印を堪能しました。
アメリカではかなりヒットしたから3も考えてあるんだろうけどどう展開していくのやら。ジェイソン(悪役顔禿げヒーロー)のやる気は持続してるのか、すごく楽しみ。
[PR]
by 7_7seven | 2006-07-28 23:27 | た行の映画
たしか初日にいったはずの「ダヴィンチ・コード」
カンヌやアメリカでの試写会の評価がひどくてそっちの方が話題になって公開前に既に失敗作の烙印を押されちゃったけど、そんなにひどい出来かなあ…。
c0005072_2230781.jpg

オドレイ・トトゥは引退するとかなんとかいってるらしいですが…

あの長い原作を二時間ちょっとにまとめるんだからどこを刈り込むかっていうのが重要だと思うんだけどダヴィンチ〜の読みどころだった暗号解読(てかタイトルにもなってるし)がちゃちゃっと済んでしまってなんだかなー。個人的にはシラスの見せ場、原作では一番の名場面だと思う、映像にしてこそのシーンを削っちゃったのもがっっかりだった。

この原作が流行ってるうちに謎解きにアクションをプラスしてパイレーツ・オブ・カリビアンの「変わり者・美形ヘタレ・男前変わり者美女」の組み合わせをうまーく合わせて出来た「ナショナル・トレジャー」をささっと作って公開しちゃったディズニーの商売上手さに頭が下がります。

でも原作を読んだ人には出て来た絵画も出てくるし、ルーヴルも見られるし、楽しめると思うんだけど、宗教的にはNGなのかなあ。
キャスティングはなぜかトム・ハンクスっていうのが…。原作ではハリソン・フォードみたいって描写があるのになんでトム。オドレイは苦手な女優だけど案外よかった。脚が綺麗、ジャン・レノはピンクパンサーの方がよかったような。この映画だと影が薄い。サー・イアン、ほんと外さないなあ。大ヒット作にサーありってなってるこの数年。すごい。かっこいい彼氏連れてレッドカーペット練り歩いて欲しい。そして誰もがシラスはこのひと!と思ってたと思うポール・ベタニー。素晴らしかった。出番少なかったけど…。原作読まなくてみた人はフランスからイギリスへとかかなりわかり辛かったと思うけど大丈夫だったんでしょうか。原作読んでから見る映画って難しいなあ。
[PR]
by 7_7seven | 2006-07-28 00:26 | た行の映画

DAISY デイジー

これも試写会で見た「DAISY」
なんかアナザーバージョンとかもあるそうで、ラストが違うのかな?
韓国映画の後半からの無茶苦茶な展開に毎回置いてけぼりになる私ですが今回は「インファナル〜」シリーズのスタッフということでものすごく期待して会場へ。
c0005072_039750.jpg

このポスター、(チラシもだけど)ほぼネタばれしてるんだけどいいんでしょうか。

どういう話か全く知らないで見たので展開が面白いなーと思ったんだけどもらったチラシ帰りに読んだらほぼネタばれ状態。ポスターも重要な場面が使ってあるし、おいおいいいの?ってかんじ。俳優女優を楽しめたらいいんでしょうか。

ヒロインの運命の人を信じる心とヒーローのストーカーっぽい好意の表し方が映画ならではだけど、三人それぞれの心理の動きと行動が面白い。見てない子にあらすじを聞かせたら「面白いねーどうなるの?」ってかんじだったのでチラシや宣伝ではうまく話を伏せてほしかったなー。

表面的にはラブストーリーなんだけどテイストはしっかり「インファナル〜」でよかった。純愛とバイオレンスが絶妙…というか明らかにアクション部分に力が入っていたような。オランダの独特の閉塞感のある美しさに合っててよかった。
福山似のハンサムなストーカーと大塚(メジャーリーガー)似の心理戦も面白かったなー。スタッフの国籍がバラバラなのがいい方向にいったかんじで満足だった。
[PR]
by 7_7seven | 2006-07-27 00:49 | た行の映画

初恋

ほんとは「DAISY」を書こうかと思ったけど画像用意してた初恋に変更。
予告で興味はあったけど見ないだろうなーと思ってたらチケットをもらったので喜んで鑑賞。
c0005072_0525557.jpg

こういうポスターより物語性があるものがいいと思うんだけど。アイドル映画みたい。

行ってる映画館ではけっこうなヒットでロングランしてる。行ったときも満員だったっし、年齢層も幅広かった。題材とキャスティングがよかったのか。
しかし、私は乗れず…。やっぱ女子高生が白バイ乗ったらばれるって。特に劇中の姿見るとスタイルいいのが逆に作用して「どう見ても女性」って見えるし。声もやばいし。
あの時代だったから成功した事件だから面白い視点とは思うんだけど。

あと主人公たちのつながりも中途半端というか絆強いようなそうでもないような。
全体的に画面が暗くて60年代後半ー70代の雰囲気は出てたけど醒めたかんじが平成っぽかったなあ。みすずと岸の微妙な関係と事件という取り合わせは面白いんだけど岸が魅力ねえ〜というか演じきれててなかった。宮崎あおいの映画はNANA以来二回目だけど案外表情の引き出しが少ないような気がした。びっくりしたのは東大にはいったこと。いつ勉強してたんだろう…。
[PR]
by 7_7seven | 2006-07-26 01:06 | は行の映画

GOAL! ゴール!

試写会で「GOAL!」っていつの話だよ…。これ見て帰ったら代表メンバーの発表をジーコがしてて「おおタイムリー(そうか?)」と思った覚えあり。すっかりWCは終わりまくり、ヒデは引退して世界一周してるという(なんかOLが世代間ギャップでブチ切れてやめて海外にいくのと同じような…)
c0005072_0362598.jpg

まさかのジダン頭突きで幕を閉じたWCを映画ではどう扱うんでしょうか

ベタなスポ根もの大好き!な私はものすごく楽しみにしていったんだけど、実際楽しんだんだけどなんかもひとつゆるい、ってかんじが。ストーリーは王道なんだけどキャラがゆるいというか、って主人公が弱い。少年漫画にしたら(しなくていいんだけど)ちょっと共感されにくい、応援しにくい、興味を持たれにくい曖昧さがなー。

何か「父との確執」「真面目」「ヘタレ」「元は悪かったけどおばあちゃんで更生」「モテる(バンデラス似とかんとか)」って…ああ中途半端。
ベタだけど「すごいテクニック、しかしメンタルの弱さ」逆に「荒削りだがメンタルが強い」どっちかの方がストーリーが作りやすい。ヘタレかバカキャラ、もしくはひねくれキャラにしないと物語の中でどういう風に成長していくかわかりにくい。
欠点が魅力的っていうのがいいキャラなんだけどなー。ガバンとかその好例。フェイス・オフの弟とは。

この主人公、あんま自分から動かずも女にはモて、大物から見込まれ、サッカーはめちゃうま!ってことになってるのがなんとも。またルックスがなースキンヘッドがお洒落でなく国見高校みたいでさ。どうせ坊主ならウェインと・ワースミラーとかさ。(プリズン・ブレイクで忙しくて無理です)大体ルナ君がやる予定じゃなかったのかよ!(怒)…いや、この主人公もかわいいからいいんだけどさ。かわいいといえば彼女役のアンナさん、デヴィッド/シューリスの奥さんだったのね。イギリスのニコール・キッドマンってかんじ。

この映画で一番かっこ良かったのは監督!いかにもドイツの監督ーってかんじでよかった。あとニューキャッスルの競技場のすごさ。場内苦笑いだったのはジダンとベッカムの無理矢理出演シーン。妙にキラキラしてたのは何。
これから出世魚のようにステップアップしていくみたいだけど(日本野球会でいったら地方の野球クラブから社会人ーパの人気チームで大活躍っていうすごい展開な1としたら2はセの人気球団(きっきょじん?)で大活躍ー3メジャー挑戦、ヤンキースに入ってWSへ!みたいなありえねー展開)2、3とベタでもいいから盛り上がる展開にしてほしいなー。ガバンと監督がんばれ。
[PR]
by 7_7seven | 2006-07-25 01:00 | か行の映画

やばい

6月からの忙しさにかまけて全く書いていなかった…。もう7月も終わりかけなんですけど。気分変えてスキン変更。

今から書いていなかった分をちまちま更新していこうーと思ったらダン・シモンズの「イリアム」買っちゃったし。これがまた暑いわ重いわで持ち歩き不可。一見辞書というかちっちゃいブロックというか。しかも二段組。おまけに二部作のひとつ。まだはじめの方しか読んでないんだけどおもしろいよどうしよう(読めよ)。

とりあえず見たけど書いてない映画の備忘録。

・GOAL!(タマダ・マキ…うぉおおおの発表の日に見た。どんだけ昔なんだか)
・DAISY(さすがインファナルスタッフな映画)
・ダヴィンチ・コード(原作読んでないひとは大変だったのでは)
・トランスポーター(シャッキー化したジェイソンにびっくり)
・インサイドマン(ひたすらクライブとビッチなジョディのために)
・ウルトラヴァイオレット(ひたすらミラのために。ガンカタ復活ならずで涙)
・フーリガン(二回見た!買った前売りどっかにいった!涙)
・ヘッドバンカーズ・ジャーニー(ヘビメタの深さを知る)
・初恋(むー…)
・僕を葬る(オゾン節健在)
・ブレイブストーリー(松たかこのうまさにびっくり)
・サイレントヒル(かっこいいよピラミッド)
・プルートで朝食を(すごいよキリアン)
・僕の大事なコレクション(イライジャ作品選びうまいなあ)
・RENT(ロザリオ・ドーソン躍れるんだねー)
・パイレーツ・オブ・カリビアン2(つなぎでもいいじゃないか)
・カサノバ(あまりにも「ベニスの商人」と違うんでびびります)
・ミッション・インポッシブル3(トム結婚出産おめでとう映画)

なんか忘れているような。思い出しますように-。
[PR]
by 7_7seven | 2006-07-24 00:44 | あれこれ