映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

試写会でトランスポーターを見ました。予告やCMでは異星人が攻めて来て地球人と対決、みたいなパニックもののつくりだけど違っててロボットは地球に味方する方も出てくるし、ロボットと人間の友情が軸になっていた。
c0005072_2374961.jpg

日本版よりかっこいい!日本版は「パニックもの」感ありあり

まーとにかく映像がすごい!ヘリとか飛行機とかの撮り方はマイケル/ベイ!ってかんじなんだけどロボットの演出はとろこどころスピ印だったような(特にプールでの子供とロボットの場面)サムの実家シーンとかは笑えた。ロボットも強いだけじゃなくてちゃんとキャラクターがあってそこらへんもよかった。特にバンブルビーがかわいいー!性格も見た目もかわいかった。サム役のコはコンスタンティンのチャズあったのねー。すっかり売れっ子でめでたいけどこんなに大物になっちゃったらコンスタンティン続編出演はないなー。寂しい。

イケメン大尉さん(あの細い体型で軍隊でやっていけたのでしょうか)はモロマイケル・ベイがキャスティングしたかんじなんだけど終止イケメンさんで目の保養。さすがファーぎーの婚約者さん、ヒロインもいいかんじのキャラ設定で楽しかった。
ストーリーはかなーり力技のとこも多いけどハラハラ飽きずに見られてうれしい。
ラストのリンキン・パークもなかなか合っててよかった〜。

公開前なのでネタバレは避けたい、とあんるとあまり書けないけど
[PR]
by 7_7seven | 2007-07-29 02:51 | た行の映画
先行上映の「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」を見ました〜。ハリーポッターは映画のみで原作は読んでないんだけど読んでる人に言わせたら映画は色々はしょってるみたいでずっと原作の方が面白いらしいですねー。話がすすむにつれて複雑になってきてるし、でもいまさら1から読むのもねーと迷い中。
c0005072_1562537.jpg

段々ダークになるポスター

で、今回のもおそろしくサクサク進んでるのでやっぱりはしょってるのかなー?原作知らなかったんで結構ショッキングな場面や展開があって凹みました。特にスネイプ先生とハリー両親の関係。ええ〜ってかんじなんだけど原作もそうなの?さらにさらに衝撃のシリウスの件!ええええええええ〜っというかものすごく凹んだ。誰か嘘だといってー。

今回の監督の演出がよくいえば無駄のない、悪く言えばケレン味の少ない地味な演出なのでもっと盛り上がるのでは?というもったいない場面が結構あったり。(これSW?みたいなド派手な場面もあったりするけど)TV出身というのを知ってなるほどなーでした。でも原作知らなくても十分面白く出来てるのはやっぱすごい。新登場のルーナがすごく魅力的だったり悪役女先生も悪いんだけど愛嬌があったり、大物俳優・女優がほんとに脇で出てたり、イギリスは俳優さんの層があついなーと毎回感心。あー続き知りたいしやっぱ原作読もうかな…でも今何巻まで出てるのか。
[PR]
by 7_7seven | 2007-07-15 00:32 | は行の映画

ボルベール 帰郷 VOLVER

レイトショーで「ボルベール 帰郷」を観ました。
渡米後はニコラス・ケイジ他ハリウッドカップルを破壊しまくったりトム・クルーズの彼女だったりとかの活動にスポットがあたって女優としてはあんまり…(バニラ・スカイもキャメロンの方がよかった)だったペネロペの主演で評価もよさそうだったので公開が待ち遠しかった作品。
c0005072_15361724.jpg

日本版の方が洗練されてるかんじ。これも綺麗だけど
トムと別れた後、やせたというか乾燥したと言うかおばあちゃん化してたペネロペがこの作品で完全復活!というよりこちらが本来の姿だったっぽい。生命力溢れる肝っ玉母さんを生き生きと演じてます。他の女優も皆転んでもただでは起きないひとばかりで表情豊か。ストーリーの中で登場人物皆結構厳しい状況だったり業を背負ってたりするけど自分なりになんとかしていこう〜ってかんじで逞しい。映像もアルモドバルらしい原色を効かせた構成で、ヒロインの心境とともにファッションも段々華やかになっていくのがよかった。

アメリカは父系社会というか映画でも父親との葛藤がよく描かれるけどヨーロッパは母系というか母親との関係を描く映画が多い。日本は東京タワーのヒットあたりから眉山とか母万歳!な映画が増えて来たような。
[PR]
by 7_7seven | 2007-07-06 01:41 | は行の映画