映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

デンマークの鬼才!と評価の高いスサンネ・ビア監督作だからというより主演のマッツ・ミケルセン目当てで見た私…。話題になった「しあわせな孤独」も見てないしなあ。
c0005072_04553100.jpg

これは日本のポスターの方がいいような

お話的にはドがつくぐらいのメロドラマというかかなりな無理な展開をしていくのではじめは面食らったんだけどお話が転がっていく中でどんどん各登場人物の深層があきらかになっていく。弱さやエゴを見せ、色々な事を通過した後のヤコブとヨルゲンの表情の違い。マッツもヨルゲン役のロルフさんもめっちゃくちゃ演技が上手いのでふたりのシーンはほんとに見応えがある。

インドの孤児を助ける事に身を捧げているヤコブ、家族のために自分を顧みず無償の愛を貫こうとするヨルゲン…にはじめは見えていたのがそれぞれのエゴや抱えている弱さが透けて見えてくる。エゴも弱さも当然持っていて当たり前なんだけどその見せ方が大胆。無償の愛ってなんだろう。自分はどうでもよくて相手がしあわせだったらいいっていうのもその相手のしあわせは自分の中で考えたその人のしあわせな訳で。とかなんとか色々考えてしまいました。エゴが絡まない愛情ってなかなか難しい。

デンマーク映画ってことでデンマーク語が面白かった。ドイツっぽい発音というか面白い響き。街もすとんと広くていいかんじ。いってみたいなあ。
お目当てだったマッツは短い髪も似合っててやっぱり格好よかった。役柄的に「いい年までふらふらしてたモラトリアム期が長い男」なんだけどその不安定さを見事に演じきっていました。顔も相変わらず綺麗だしスタイルいいし。本人はハリウッド作品あんまり興味ないかもだけどすごい個性を持った俳優さんなのでたまーにでいいから出てほしいものです。映画自体はなかなか面白かったので「しあわせな孤独」も見てみよう〜。

日本版キャスト
ヤコブ:渡部篤郎(苦手な俳優さんだけどこの役はあってると思う)
ヨルゲン:渡辺謙(家族思いの成功者が似合いそう)
ヘレネ:田中美佐子(やわらかい雰囲気で)
アナ:加藤ローサ(なんとなく。ウェディングが似合いそう)
[PR]
by 7_7seven | 2007-12-26 00:38 | あ行の映画
すごーく楽しみにしすぎて見るのを先送りしてたらいつの間にか大きい上映館ではやらない時期に。しかも今週中で上映終了って!てことでやっと見に行ったボーンシリーズ完結編(でもなんか続編作るとかなんとか)の「ボーン・アルティメイタム」。前作の「ボーンスプレマシー」の感想はこちら。
c0005072_0144029.jpg

今回も線路が出るよ〜

ボーンの秘密とかはお話的には「まさか!そんな!」な展開でもないんだけど(話が破綻しない範囲のびっくりってことで)とにかくしびれるアクションの数々!
前二作から更にレベルアップしていて、シチュエーションの設定からアクションのコーディネートの仕方からものすごい精度に仕上げていてすごい!の一言です。
今までのお約束である狭い場所でのアクションとか、逃亡シーンとかカースタントとかもエッジを効かせまくっています。マットももちろん動きがレベルアップしてて段々「昔訓練していたので身体が自然に動いて相手を倒してしまう」という状態から確実に自分の意思で身体を動かしているという動きに変わってきています。

これ見る前にもう一回「アイデンティティー」を見たけどダグ・リーマンが創造した世界にポール・グリーングラスがより磨きをかけたという印象。「アイデンティティー」を踏まえたシーン(ニッキーが髪を染めるシーンとか)もあって監督は違えどボーンの話は続いてますよってかんじでいいなあと。

こrで今まであれこれやってたけどなかなか出来なかった「アメリカの007」が完成したってことで制作会社は喜んでいるだろうなあ。役者が変わっても作り続けられるスパイアクションシリーズ、しかも配役が毎回話題になるようなってとてもアメリカはうらやましがってたんじゃないかなー。「ミッション〜」のトムは違うし、007の真似したようなモテモテCIAものつくったらおそらく「オースティンパワーズ」になっちゃうだろうし…そこで出てきたボーンシリーズ。渋いアクション、男受けする俳優、渋い悪役、地味な女優、そして何より自分探しと父親乗り越え物語!とアメリカ男性が好む要素てんこもり。例えば列車に乗ったら007は意味なく美女といちゃいちゃしてる場面だけどボーンの場合は列車の旅を楽しむ間もなく飛び降りて線路はしってるんですよ(涙)マットは完結編みたいにいってたけど制作者はどんどん作りたいと思うよ。二代目ボーンは誰に。(で、「やっぱボーンはマットだよ」とショーンボンドみたいに言われるのでした)

そして私がものすごく期待してたのはもう一つ、ボーンを狙うスナイパー役!「アイデンティティー」がクライヴ・オーウェン、「スプレマシー」がカール・アーバンと毎回私の好みどんぴしゃりな配役をしてくるこのシリーズ。今回は誰〜〜〜?とわくわくしてたらなんと!「ドミノ」のエドガー・ラミレス!!…わかってらっしゃる!
「ドミノ」で絶対人気出ると思ったのになかなか見かけなかったけどこれでブレイクかも?ラテン系だからなかなかいい役ってないかもだけどすごいいい個性してるから売れっ子さんになると思います。今回も視線がすごいんだよね。「ドミノ」感想はこちら。

日本版キャスト(前キャスト/今回キャスト)
ボーン:松坂大輔→松山ケンイチ(なぜ前回松坂…。マツケンは若すぎるけどおっさんくさいのでよしってことで)
ニッキー:深津絵里→上野樹里(こんな役も出来るんじゃないでしょうか)
ドクター・アルバート:伊東四朗(アルバート・フィニー出番少なかったけど
圧倒的だったなあ)
パメラ:浅野温子(こういう役柄にあうと思う。やりすぎなければ)
なんか若すぎな配役になってしまった。ボーンは渋いとこがいいのになあ。
[PR]
by 7_7seven | 2007-12-25 00:07 | は行の映画
予告がものすごく面白そうだったのでずーっと楽しみにしていた「アイ・アム・レジェンド」。ここ数年アメリカ及び地球を救いまくっているウィル・スミス、今回はどんな活躍をするのか?
c0005072_22504612.jpg

ポスターとかもすごいいいかんじなんだけどねえ

古典的SFのリメイクって事しか知らなかったけど観賞後調べたらゾンビもの映画に大きな影響を与えたらしいです。そういう知識を得てみるとかなり見方が変わってくるけど自分の場合予告から勝手にID4やDAT系の生き残りSFかと思い込んでたから中盤からの展開にえええ〜?状態。前半は淡々とサヴァイバル生活描写しててよかったんだけど、あの敵との攻防とか途中から出てくるキャラクターとかが中途半端というか、中途半端と言えばこういう事態になるまでの描写とか設定も中途半端というかよくわからなかった。

そういう状態のままとにかくびっくり系ホラーが苦手なのでひたすらあの敵に怯えて観賞。こわい。こわすぎる。(でもあの敵って知性とか情があるような描写があったりやっぱりなさそうだったりやっぱり中途半端…)自分だったら外出できないよ。偉いなあウィル。偉いと言えば飼い犬のサムが助演男優賞(女優か)もの。サムとウィル(役名忘れた)の愛情物語としたらすごく泣けた。あの場面で物語の背骨もウィルの精神的な背骨も亡くなってしまってなんか暴走気味になっちゃったのかなあ。あのラストの行動が納得いかない。あの途中参加のキャラクターもあんま意味ないというか。なんか「あ、これって伏線?」って思ったのがことごとく何の意味もない描写だったので拍子抜けだった…。私の読みにセンスがないんだろうけどさああ。
とにかくはじめのとっかかりでつまづいた為に乗れないまま見終わっちゃったもったいない映画でした。

でもすごい人入ってるし、ヒットメイカー・ウィルのオープニング記録も作ったとか。うーん…。リメイク元を知ってればまた違うのかなあ。同じような古典リメイクの「宇宙戦争」はすごく面白かったんだけど。この映画でも宇宙戦争と同じような場面(港で人が集まってパニック)があるけどスピルバーグの演出力が半端ないことがわかりました。やっぱスピルバーグはすごいなあ。この映画も監督してほしかったかも。とスピ好きを再確認した映画でもありました。

日本版キャスト(人数少ないから楽!)
ウィル:江口洋介(家庭的、研究者のイメージないけど医者役やってたし)
途中出てきた女の人:寺島しのぶ(生き残りそうなイメージ)
途中から出てきた男の子:子役でうまい人(っていってもあんまり出番なかった)
[PR]
by 7_7seven | 2007-12-24 23:30 | あ行の映画
今日テレビでもやってた「ナショナル・トレジャー」の続編。1の感想はこちら。

c0005072_3343366.jpg

ケイジの髪の毛がより増えていて技術の進歩を感じました。

ブラッカイマーにディズニー作に加えてシリーズ物の2の特長、「制作費アップ、豪華俳優、ロケ地海外、主人公絡みの肉親登場」を踏まえてより豪華になったけど正直いうとお話的には1の方がずっと面白かった…。

特に私の好きだったゲイツ&アビゲイルのオタクカップルらしさが消えてしょんぼり。1であった危機的状況の中でお宝もアビゲイルも大事!ってことで一時的にアビゲイルの手を離すゲイツ、それに「私も同じ立場ならそうしたわ」と答えるアビゲイル。趣味を同じくするカップルだからこその台詞にしびれたのに、今回はフツーのカップルになってしまっていた。逆にパパママカップルがツンデレしてたけど。ヘレン・ミレンとジョン・ヴォイドの演技派ふたりのやちとりはほんと上手かった。コメディーパートもライリーが一気に引き受けてたのもどうなのよと。ケイジはアメリカでは二枚目あつかいなの?しかしライリー役のジャスティン・バーサ、ルックスも演技もいいし、こういうシリーズ物にも出てるのになかなかどかんと売れないね…。

こういう作品だから突っ込むのも野暮だけど前作以上にご都合主義に拍車がかかっててすごかった。問題が出てきても即答するゲイツ。どこでもドアでも難しそうな難攻不落な場所にもスイスイ入っちゃうし。

1のショーン・ビーンに続いてエド・ハリスがかしこいのかまぬけなのか微妙な悪役を好演。ブラッカイマーってちょっと癖ある俳優をメジャー作品にキャスティングするのうまいなあ。ハーヴェイだってあんまメジャーな作品でないのに。どんな口車に乗せてるんだろう。それにしてもハウとミッチはどうしてるんだろう。3があるならハウ脱獄にミッチ生きてた!で共闘してほしいなあ。まぬけのかけあわせで

見つかったお宝の演出が1とまんま一緒だったのが残念。ディズニーシーあたりに1と2のストーリーくっつけてアトラクション作りそう。
1、2とも見た後すかっと忘れちゃうけど見ている間は楽しめるし、3があったらまた文句いいつつ見に行くと思う。はとバス海外版みたいに色々いけてたのしいし。

日本版つくるならキャスト(前に書いてるのが1のキャスト)
ベン:阿部寛→阿部寛(長身、二枚目と三枚目が出来る、オタクな役もはまるってことで。顔も似てきたような…)
パトリック:山崎努→山崎努(引き続き阿部ちゃんパパでお願いします。コメディ演技もいけるし)
エミリー:大楠道代(なんとなく賢くていい女なイメージで。山崎勉ともお似合い)
アビゲイル:小雪→小雪
(案外いけるんじゃないでしょうか。パっと見モデルふたりのお似合いカップルだー。オタクだけど)
ライリー:中村俊介→成宮なんとか(スーパーナチュラルの吹き替えはいただけないけどヘタレ役あってると思う。そういえば中村俊介みなくなったなあ)
ミッチ:豊川悦治(冷たい感じのする俳優さんって少ないというか私が知らないんだけど)
セダスキー:大杉蓮→大杉蓮(またしても物わかりのいい役だった)
[PR]
by 7_7seven | 2007-12-24 03:35 | な行の映画