映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

午前十時の映画祭で タクシードライバー TAXI DRIVER
感想は後ほど
[PR]
by 7_7seven | 2011-04-30 23:44 | た行の映画
午前十時の映画祭で 真夜中のカーボーイ MIDNIGHT COWBOY
感想は後ほど
[PR]
by 7_7seven | 2011-04-24 23:45 | ま行の映画

山猫 IL GATTOPARDO

午前十時の映画祭で 山猫 IL GATTOPARDO
感想は後ほど
[PR]
by 7_7seven | 2011-04-10 23:47 | や行の映画

神々と男達

「神々と男達」


フランス語の授業関係でもかなり前から話が出てて、カンヌでも受賞したということで絶対みたかった作品でした。
で、見た感想は…思ったより地味じゃなかった、キリスト教難しい、でした。

散々地味な作品なので日本公開はないかも、と言われていたので受賞したからか日本公開されたのはうれしかったです。フランスでは知らぬものはない大事件で、映画も大ヒットということですが題材も難しいし、有名な俳優さんも少ないし…。かなり重い、考えさせられるテーマなので体力いりますが見てよかったです。

「汚れなき悪戯」に引き続き修道士が出てきてその慎ましい生活描写が丁寧に描かれます。手作りのはちみつとかもおいしそう。
宗教伝導的な活動はNGなので地元の人の生活支援をしながら共存していく描写がゆったりと描かれます。
音楽も彼らの歌う賛美歌が主で、これがまた美しい!ミニマムな生活にほんの少しの彩りになります。
特にクリスチャン役のランベール・ウィルソンが上手くて、調べたら歌手として日本にもツアー来たことあるらしいです。納得。「華麗なるアリバイ」では現代男性の欲にまみれた役を演じてただけにびっくり。

彼らのとった行動は議論を呼ぶところだと思いますが、キリスト教の考え方がわからないとさらに厳しいのかも。
[PR]
by 7_7seven | 2011-04-05 00:55 | か行の映画

汚れなき悪戯

汚れなき悪戯

午前十時の映画祭で「汚れなき悪戯」
テーマ曲以外全く予備知識なく見ました。が、これはキリスト教に疎い私にはすんなり号泣という流れにはなりませんでした。

序盤子供に祭の由来を教えるという流れにあー悲しい話なんだなと身構えてしまったんですが、途中まではほのぼの可愛い共同生活ににこにこ鑑賞。
マルセリーノの純真さと何とか彼を育てようと奮戦する修道士さん12人に心打たれる。

でもどんなに愛情いっぱいに育てても子供にとって一番なのは母親なんですね。ラストはキリスト教的見方だと奇跡なのでしょうね。自分的には生きて成長しながら母親を思い、人の気持ちを学べば…と思うんですが母親のそばにいけることこそマルセリーノの願いだからこれでよかったのか。そこら辺難しかったです。カソリックの国スペインだからこそのとらえ方なんでしょうか。「神々と男達」に続き何となくわかっているようで全くキリスト教をわかっていないことがわかった作品でした。
[PR]
by 7_7seven | 2011-04-03 00:54 | か行の映画

ツーリスト

ツーリスト


撮影前からなぜか色々けちがつきまくり、変更されまくりで大丈夫か?状態だったのが一転、著名な賞受賞監督と2大ハリウッドスター夢の初競演!という豪華な布陣におさまって話題になっていた今作。
でもやっぱりけちがついた作品だけあったのです…。

「ナイト&デイ」でトムとキャメロンが競演して大コケした時(世界興業はよかったらしい。私は好きな作品)「ジョニー・アンジーがコケたらスターに高額のギャラ払って作る作品を見直す時期」とささやかれていましたが危惧した通り大コケしたばかりかなぜかGG賞(なぜかコメディー部門)ノミネート〜賄賂問題に発展〜GG賞でリッキー・ジャービスにネタにされる…などほんと話題だけは欠かさない作品でした。
そしてえらく遅れてついに日本公開!

今回映画館のポイントで見たのですが前売は結構売れてたらしく私の行く映画館では特典付きは売り切れてました。困ったときの日本興業、今回もそこそこヒットしてそうです。多少の辛口意見もよいのではないでしょうか。

まず予告から不穏なかんじが漂っていましたが、やっぱりおもしろくともなんともない映画でした。
ラストのどんでん返し(?)が途中でバレバレになるばかりか、それが「まさかそのオチじゃないよね…?そうじゃありませんように!」レベルのでさあ…。伏線とかも適当だしつじつまあってないし、なんでこの脚本なんだっていう。
古きよきハリウッド映画っぽくを狙ったにしても仕掛けおおおざっぱすぎ。悪役も適当すぎ。警察間抜けすぎ。

まあそれでも「豪華スター競演」が上手くいってれば目の保養だけでお釣りが来るような組み合わせなのでそれを期待しようにも予告で既にスターの容貌がかなり落ちてるのが発覚してたのであとはひたすら演技面を…と思ったんですがそれもちょっと状態で。

ジョニデは役作りで太ったのがまずい方に。普通の人を演じるならロン毛&髭をやめるだけでよかったのに…あんなアメリカ人教師いねーよ。薬の売人の方がしっくりくる。あの風貌のジョニーがいくら頑張って「美女に引かれて騒動に巻き込まれた凡人」演じても乗りきれず。

アンジーはアンジーで何回目?なかんじのミステリアス演技。「ポワゾン」の時と一緒の目配せだよ!
またゴージャス=濃いメイクなのか浅岡ルリコちっくな仕上がり。もうちょっと上品方面にいけばよかったのに…。

ジョニーとアンジーもお互い「演技したらケミストリーが生まれて…」な俳優でなく、自分の枠の中で持ちキャラを演じるタイプなので特に感動もなく、「この二人撮影中つきあってたんじゃないの?キャー」な熱い雰囲気もなく…。

色々残念な出来でした。でも今の時代なかなか作れないようなテンポでお金もかかっていてそこはおもしろかった。風景はきれいだし。
あとこの撮影に疲れたとかで「英国王〜」を蹴ったとかいうポール・ベタニー…間抜けな役似合ってたから是非美人妻ジェニファーはほめてやってほしいです。
でもポールの英国王みたかったなー。いい俳優なのにこれ!という役に最近は巡り会ってないのがもったいないです。中野翠さんも書いてたけどジーブスシリーズを再映像化するなら坊ちゃん役をやってほしい。

あと元007のティモシー・ダルトンと間抜け美男役をやらせたら右に出るものはないルーファス・シーウェルが出てたのもうれしかった。ほんとこのキャストでなんでこの出来なんだろう…。
[PR]
by 7_7seven | 2011-04-02 00:52 | さ行の映画

ザ・ファイター

ザ・ファイター


アカデミーにノミネートされまくりの話題作。去年か一昨年の「しあわせの隠れ場所」もそうだけど実在の人物しかもスポーツ関係って受けがよいのかもしれません。

今回は実在のボクサー兄弟が主題。ボクシング疎いのでどんな選手だったかは?なのですがちらっと調べただけでも伝説の試合があったり、兄弟で大きい試合に出る選手だからアメリカではものすごく有名な話なんでしょう。
その伝説の試合ガッティ戦を描かなかったのはミッキーと家族というテーマからはずれちゃうからかも?見たかったですが…。


主人公ミッキーの足枷となる一家の描き方が微妙で、まあ実在だしひどくは描けないのでこの辺で…な配慮が感じられますが十分お近づきになりたくない一家です。
街もね、平日昼間から道ばたにたむろしてる人多数にも驚くけど仕事したくてもなかったり、あっても超低賃金なんだろうなっていうのも伝わってくるし、道ばたにテキトーに駐車してある車とか荒れたかんじの道とかがどーんと暗い気持ちにさせてくれます。


兄も母親もミッキーの為に!といいつつ一番やっちゃいけないことを次々と。才能あるのにチャンスをふいにしちゃうのが切ない。本人もわかってて断ち切れない。シャーリーンみたいにファイティングスピリット溢れる子じゃないと立ち向かっていけないよね。エイミー・アダムス馬乗りになったキャットファイトすごかったです。プリンセスからこんな役まで幅広い!今時セレブのビルドアップされた体型と逆なかんじがセクシーでした。男の人こういう体型好きだろうなあ。

オスカー受賞のメリッサ・レオは当たり役のホワイトトラッシュ役で怪演。落合夫人とサチヨ夫人足して下町風味にしたようなアクの強さ。愛情深いけど周りは大変、みたいな。娘達も皆パンチの効いた風貌&ファッションで強烈。
制作も担当してるマークも上手いと思ったんだけど素の環境と似たものがあるからか演技面ではあまり評価されなくて気の毒。そして何よりブラピ降板してくれてよかった。
この映画の演技アンサンブルはブラピでは生まれなかったと思うので。降板ほんとにありがとう。

そして怪演ぶりと容貌がなんか演技怪獣DDルイスに近づいて来たようなクリスチャン・ベール。
禿までつくってなりきりまくり。
目の力のなさ、でもギラギラしたかんじがまさに薬中!で見事でした。あのしゃべりとかも英語もっとわかればおもしろかったんんだろうけど。
エンディングで本人兄弟が出てくるんだけどベイル少しやりすぎたんじゃ…それとも薬中まっさかりの時はベイルみたいだったのかな。走り方も上手かったなー。

クライマックスは電話の兄、頑張る弟あたりでしょう。ラストやったー!なかんじに見せつつ、あんま色々解決してなさそうでほろ苦いのがなんとも深いです。
[PR]
by 7_7seven | 2011-04-02 00:49 | さ行の映画