映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

サワコの朝での五嶋龍について覚え書き。

音楽から取り込まれないように、また好きだったからハーバード大学で物理をやったとか7歳から空手を続けている(三段)とか色々音楽家のイメージから離れていて面白かったです。一曲目はNirvanaの「Smells Like Teen Sprits」でした。


お祖父様が空手の師範でお姉様のみどりさんも小さい頃はやってたとのこと。空手が演奏に影響していることについて語っていて、精神の持っていきかたがオリンピッククラスのアスリートに近い感じです。

五嶋龍
感性とかも影響しています。
美的感覚とか勝負をするって言う感覚とか。舞台に立つというのは勝負ですから。精神をコントロールするっていうのはすごく大事だと思うんですよね。

アドレナリンがまわっているときにどんどん精神が不安定になってくるわけじゃないですか。精神が不安になってくるとどんどん不安になって雪だるま形式でですから。


そこで自分に言い聞かせるんですよね。「大丈夫だ」と。演奏の10分前とか15分前にタックスを着るんですけれども、タイをなおして、鏡を見て、髪も直して楽器を持ってちょっと弾くんですけれども、それでこんなに上手い、例えばまぁベートーベンとすると、こんなにいい最高のベートーベンを弾ける男はいないって自分で思えないと舞台には立てないんです。


こういう風に口にするとほんとになんかどんな嫌な奴なのかとか傲慢な奴なのかと思われるかもしれないですけれども、自分に惚れないといけないんですよね。自分を好きになれないといけないんですよ。


自分が自分を好きになれなかったらどうやって観客の人たちが自分を好きになるんだと。それは要求できないじゃないですか。音楽と一緒で自分が自分の音楽を好きにならなければどうやってそれを人に要求するんだと。それこそ厚かましいじゃないですか。


自信がない時っていうのはどんどん自信を失っていきますから自信をつける方向に引っ張っていかないといけないですよね。間違っちゃいけないとか失敗するかもしれないとかっていうネガティヴ思考になっていくと。(それはいけない)成功するとか絶対にできるとかこういう風に弾きたいとかこういうに演奏したいって言うことを自分にちゃんと言葉を選んで言い聞かせないといけないんですよね。


そして良い結果が出たらいいな、ではダメなんですね。もうマイナスなんです。
「良い結果だ」と。自分は良い結果しか出せない男なんだ。そうなると俺はチャンピオンだ、俺はチャンピオンだ、俺はチャンピオンだ、俺はチャンピオンだ、金メダル、金メダルってことをずっとマントラのように言わなければいけないんですよね。


Aリストのアーティストとかスポーツ選手とかアスリートはやっぱり結局は技術のレベルとか身体能力ではずば抜けている人なんていないんですよ。みんな同じ位なんですよ。1%とか2%の違いとかあるかもしれないですけれども、そんな勝負じゃないじゃないですか。やっぱり精神の勝負なんですよ。そういう点では。


最後ドヴォルザークの「我が母の教え給いし歌」を演奏することに寄せて、お母様にずっと生きていて欲しいと、一緒に宇宙に行きたいと、僕の為でなく自分の為に生きて欲しいと語る表情に愛情が溢れてて良かったです。
[PR]
by 7_7seven | 2017-06-18 21:59 | TV

王様のブランチでのヒュー・ジャックマンインタビューを書き起こし。インタビュアーはLiLiCoさんです。


c0005072_14583425.jpg


ルックスもすっかり俳優ヒュー・ジャックマンに戻っててローガンでの変わりっぷりの凄さを再確認。めっちゃ良さそうなジャケットですね〜


LiLiCo:日本は暑くない?

HJ:美しいよ


LiLiCo:(私は)1週間で耐えられない

HJ:歩きまわったけど素敵だ

LiLiCo:そうなの!楽しんでいるのね

HJ:妻も一緒だからね。彼女街中を散策して買い物しているよ。いい天気だなって思ってる

LiLiCo:リアルな世界観を描いた理由は

HJ:僕と監督は意図的に避けたんだ。第9章・同じ内容・最後の仕上げ・さらに派手な爆発を増やすのは。もっとキャラクターを深く表現したかった。スーパーヒーローの要素より人間性を描きたかった

LiLiCo:役作りに込めた思いとは

HJ:最初のカメラテストを覚えている。スタジオ側は「なぜヒューだとわからなくするの?」「少し白髪にして誰かわかるようにすれば」って。でも最終的に認めてくれた。僕たちが違うことをやろうとしたからだ。もっとリアルに。寝起きの僕の姿を…

LiLiCo:違うでしょ(笑)

HJ:少しね(笑)


LiLiCo:脚本初めて読んだときはストーリーについて話し合った?

HJ:概要を見て物語について話し合った。監督は僕のことが悩みの種だったんだ。若い女の子のアイディアはいいけど演じられる少女がいるかわからなかった。ウルヴァリンの凶暴性を持った少女がどこにいる?監督は「信じてくれ」と言い続けていたよ

LiLiCo:ダフネと共演した感想は

HJ:監督が正しかった。僕が間違っていた(笑)彼女は驚異的でとても魅力的な少女だ。僕の11歳の娘とも仲良くなってお泊まりもした。一緒に粘土で遊んで次の日には彼女は…(爪を構えたシャー!のポーズ)すごいよ(笑)


17年間ローガンを演じたヒュー・ジャックマンがすべての撮影終え思う事は?

撮影終了時のスタジオの場面
HJ:夢みたいだよ。私がこの役に出会ったのは16歳の息子が生まれる前だ。本作ほど大切な作品は無い。みんなの協力に心から感謝している。ファンにはとても感謝している。このキャラクターを演じられて本当に光栄に思う


インタビューで話題になってLiLiCoさんも苦笑いしてたけど最近の映画に不可欠になってるラストのテコ入れ(追加撮影に大爆発などなど)にうんざりしてるキャストやスタッフ多いんだろうな〜。予算掛けた映画への保険の意味もあるんだろうけど画面のインパクトは増えても作品のテーマからズレてしまう場合もあるような。ローガンがヒットしてアメコミ映画の可能性も広がったんじゃないでしょうか。


スタジオでも言ってましたがX-メンシリーズの頑張りあって現在のアメコミ映画があるし、中でもウルヴァリンの存在は不可欠だし、17年間もアメコミキャラクター(しかも不老不死設定)演じるのは精神的にも肉体的にも、更に俳優としてのキャリアの上でも大変だったと思います。


やり切った、しかも素晴らしい作品で昇華したヒューは本当にすごい!ローガンまだ観てない方は是非!観た直後もですが後からも違う感動が湧く映画です。


[PR]
by 7_7seven | 2017-06-03 14:30 | 面白かったインタビュー