映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


午前十時の映画祭で「ライアンの娘」をみました。こんな長時間と知らず、その後の待ち合わせに大変迷惑かけてしまいました。変なところで休憩入ってびっくり。
c0005072_19084337.jpg

冒頭で作品のテーマがわかる印象的なシーン

監督:デヴィッド・リーン
脚本:ロバート・ボルト
出演:ロバート・ミッチャム サラ・マイルズ
トレバー・ハワード ジョン・ミルズ
音楽:モーリス・ジャール


見どころ1 チャールズとダイアナみたいな二人

ダイアナ妃は自分からガンガンいった訳ではないのであれですが、結婚してからの二人の若い嫁の不満にそれを埋められない夫、不倫に走る嫁、周りから総攻撃される嫁…とイギリスではあるあるな関係なのでしょうか。旦那の名前チャールズだし。
ローズの描かれ方が当時としては思い切った面あったので、これは制作側の誰かの奥さんなんだろうなーと思ったらやっぱり脚本家と結婚してて納得。しかも二回も!

見どころ2 本当の教師好きとは不倫とは

ローズがチャールズのこと本当に好きではないことはチャールズ自身がよくわかっていて、でも若い女性から強く求められて引くほど枯れてもいなくてってとこが悲劇でした。ローズと将校もお互い愛し合うというよりわかりあうといった方が強いというか、自身の欠損を埋めあう相手であってタイミングがあっただけというか。ほとんどの不倫はタイミングがあっただけっていうのを再認識。
本当の教師好きは作品の中にでてきたあの小さい子みたいな雰囲気なのでこういう子いるいる!と思ったら脚本家が元教師だそうですごく納得。こういう子いたんだろうなー。さらに軍人でもあったので将校も自分を投影してるのかなと。


見どころ3 アイルランド気質爆発!

ドラマ「ダウントンアビー」でも描かれたアイルランド紛争の時期で、イギリス側からの描写でしたがこの映画でアイルランド側の描写があるとかなりイメージが変わりました。住民たちが何か役に立てないかと走り込んでくる場面とか相当の弾圧があったんだろうなーと。その後の海での活動とかも当時の撮影技術でこの映像ってマジで危険すぎ。ラストの顛末まで誰にも感情移入できず、でも思っていたよりずっと見応えある映画で見てよかったです!

[PR]
# by 7_7seven | 2016-05-15 18:51 | ら行の映画
今年もやってきましたアカデミー賞!予想と希望を書きます。
真っ白オスカーをクリスタッカーがどう料理するか?っていうのと何といってもとうとうやっとついにレオがオスカーを穫るのかっていうのが今年のみどころですかね。あと例年以上に大物が亡くなったので追悼コーナーが豪華になりそう。
c0005072_0213576.jpg

今年こそこんな笑顔が見たいですね!!!って受賞しなかったらレオどうなるのか…


最近の傾向を考えると
<作品賞>
プラス要素  実話・画期的な映像・映画愛(バックステージもの)・人種問題・衝撃的な題材
マイナス要素 去年とかぶる・GG賞受賞

過去五年に当てはめると
15年 バードマンあるいは(画期的な映像・バックステージもの)
14年 それでも夜は明ける(実話・人種問題・衝撃的な題材)
13年 アルゴ(実話・映画愛)
12年 アーティスト(映画愛)
11年 英国王のスピーチ(実話)


2016年のノミネート作は

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』…実話
『ブリッジ・オブ・スパイ』…実話
『ブルックリン』
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』…画期的な映像
『オデッセイ』
『レヴェナント:蘇えりし者』…画期的な映像・実話
『ルーム』…実話・衝撃的な題材
『スポットライト 世紀のスクープ』…実話・衝撃的な題材


●希望 マッドマックス 怒りのデスロード
やっぱ去年はマッドマックスの年だった!ずーっとアドレナリン放出のままラストまで!美しい映像とどうかしてるアクション!女性愛!

○予想 スポットライト 世紀のスクープ
見てないけど何となく!というかここと監督賞でレヴェナント穫ってレオだけ蚊帳の外というタイタニック状態を避けたいので…

<監督賞>
アダム・マッケイ 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
ジョージ・ミラー 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
アレハンドロ・G・イニャリトゥ 『レヴェナント:蘇えりし者』
レニー・アブラハムソン 『ルーム』
トム・マッカーシー 『スポットライト 世紀のスクープ』

●希望 ジョージ・ミラー
年とってりゃ偉いってことじゃないけど監督のお年でこんな作品作るってすごすぎだしこんな映画愛に溢れた作品を作ったってことしかもアクション満載なのに芸術的なところまで引き上げているところ本当にすごいと思うんだけどなーお願い!!

○予想 アレハンドロ・G・イニャリトゥ
すごい才能とは思うけどなんか作風が苦手なんだよねー。でもアカデミー会員はすごい評価してるみたいで今回も二回連続あるのかも…

<各俳優賞>
プラス要素 実在の人物・大幅な体重増減・美貌を投げ打つ・(女優)期待の若手・(男優)老いた美形スター・業界の人気者・アメリカ以外の国出身・育ちがいいorインテリ

マイナス要素 穫る気満々・(男優)美形俳優・GG賞受賞・何回も受賞済み・やったら辞めそう

<助演女優賞>
ジェニファー・ジェイソン・リー 『ヘイトフル・エイト』…美貌を投げ打つ
アリシア・ヴィキャンデル 『リリーのすべて』…実在の人物・期待の若手・アメリカ以外の六合出身
レイチェル・マクアダムス 『スポットライト 世紀のスクープ』…実在の人物・アメリカ以外の国出身
ルーニー・マーラ 『キャロル』
ケイト・ウィンスレット 『スティーブ・ジョブズ』…実在の人物・アメリカ以外の国出身

●希望 アリシア・ヴィキャンデル
なんだかんだいってすごい私の好きなルックスで演技もいいと!ルーニーも可愛かったけど早いような気もするんだよねーてか今回の助演女優は皆好きだから誰でも嬉しいわ

○予想 アリシア・ヴィキャンデル
プラス要素も多いし他の賞とか他の作品での活躍ぶりからみてもアリシアでしょう!ケイトの「受賞コメントで急におばちゃんキャラにある英国女性」っぷり(アデルも)は見たいけどほらケイト穫って万一レオ穫らなかったときがさ…

<助演男優賞>
クリスチャン・ベイル 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』…実在の人物
トム・ハーディ 『レヴェナント:蘇えりし者』…実在の人物・アメリカ以外の国出身
マーク・ラファロ 『スポットライト 世紀のスクープ』…実在の人物
マーク・ライランス 『ブリッジ・オブ・スパイ』…実在の人物
シルヴェスター・スタローン 『クリード チャンプを継ぐ男』…老いたスター

●希望 シルヴェスター・スタローン
いやもうやっぱりあげなきゃでしょ!色々あってすごく魅力の塊みたいな存在になってるし。自分をそう見せていくかもだけど後輩育てていく育成力というか頼れる存在がはんぱない

○予想 マーク・ライランス
希望も入ってるけどやっぱすごかったしうまい人でもなかなか出来ないタイプの演技だし。何となくアカデミー会員のおじさん達にうけそうな感じがする。


<主演女優賞>
ケイト・ブランシェット 『キャロル』
ブリー・ラーソン 『ルーム』…期待の若手
シアーシャ・ローナン 『ブルックリン』…期待の若手
シャーロット・ランプリング 『さざなみ』
ジェニファー・ローレンス 『JOY』

●希望 シャーロット・ランプリング
助演と同じく皆好きな女優なので誰がとっても嬉しいけどこれぞ大人の女優!のシャーロットに。

○予想 ブリー・ラーソン
作品は見てないけど予告編だけでもすごかったのと今までの賞の傾向から言って鉄板でしょう!


<主演男優賞>
ブライアン・クランストン 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
レオナルド・ディカプリオ 『レヴェナント:蘇えりし者』
マイケル・ファスベンダー 『スティーブ・ジョブズ』
エディ・レッドメイン 『リリーのすべて』
マット・デイモン 『オデッセイ』



●希望 レオナルド・ディカプリオ
いや本気で今回こそお願いします!!

○予想 レオナルド・ディカプリオ
ゴールデングローブ穫ったのが不安材料だけど今までみたいに強力な対抗馬いないしこれまでにないくらいレオに穫らせてあげようと的雰囲気あがってるし今回は間違いないんじゃないでしょうか?と思いたい…一番避けないのは二年連続エディでケイトも穫って主演男優以外の賞全部レヴェナントってパターンだな…監督もトムハも喜べないし…

c0005072_1501389.jpg

やっぱトビーを嫁にもらうべき!というかまんまギャツビーの2人よねーどんな目に遭ってもグレートって言ってくれる唯一の友達

ゴールデングローブのレヴェナントの作品紹介がトビーでその時のレオが笑顔で投げキスするのが非常にかわいかった!アフターパーティーも一緒でトビー慎ましく付き添ってたらしいしきっとラッキーボーイなんだと思う!オスカー会場にも是非動向させてあげてほしい。

とにかく頑張れレオ!レオ受賞の暁にはレオのオスカーへの道な記事を書きたいと思います!
[PR]
# by 7_7seven | 2016-02-28 00:16 | 映画あれこれ
午前十時の映画祭で「さらば友よ」を見ました。今まで聞いた事もなくてアラン・ドロンとチャールズ・ブロンソンの共演か〜くらいの軽い気持ちで見たら大当たり!主演2人が格好よいわお洒落だわいろいろ素敵過ぎ!でした。


監督ジャン・エルマン 脚本ジャン・エルマン セバスチアン・ジャプリゾ
製作セルジュ・シルベルマン 音楽フランソワ・ド・ルーベ
c0005072_23555194.jpg

このシーンで超有名な作品らしいですが映画観た後だと納得…!

見どころ1 素敵すぎるドロンとブロンソンのコンビ!
この作品でブロンソンの人気爆発だったそうですがそれも納得の格好よさ!今のビルドアップしまくった若手俳優でもなかなかない伸びやかなナイスバディに愛嬌たっぷりの顔が乗ってて表情も声も魅力的さらにプロップというキャラクターもすごく好感が持てて魅力の塊です。そんな魅力的な男がガンガンに押してもえげつないくらいつれないバランも格好よすぎ。美貌もレベルが違ってて「顔がいい奴は女買わなくてよいからいいな」な台詞に説得力ありまくりです。こんだけ美形で医者で色々な腕も立ちそうなのに女性にも金にも自分にも興味がないってプロップもそりゃ興味引かれずにいられないよなーと思います。ここまでけんもほろろな描写はフランス男ならでは。


見どころ2 さすが仏製のお洒落っぷり!
まーいちいちお洒落です。しょっぱなのレオパード柄のコートにはじまり女性も男性もおしゃれ!会社の廊下から果ては変態おっさんのシーンまでお洒落で目の保養しまくり。顔の造形とかスタイルとかじゃなくてフランス女優はやっぱ独特の雰囲気があっていいなあと再確認。立って食べるカフェでパンとワイン食べてるところとか車で食べてたのも格好よかった。あと絶対やってみたくなるコインで表面張力に挑戦するやつまでひたすらお洒落でよかったです。何気に衣装替えも多くてドロンとブロンソンのアイドル映画にもなってます。(軍服・スーツ・白衣・白シャツ・上半身裸・パジャマ)


見どころ3 逆ツンデレ!粋すぎのブロマンス!
初対面からプロップが押してバランがそこまで邪険にしなくてもなレベルの拒否→金庫騒動で殴り合いまでしたにも関わらず空港からの2人のデレっぷりが壮絶で戦きました。普通ツンデレって2人きりになったらデレになると思うんですが2人は離れてからがデレまくり。正直ドライに自分の保身だけで動いてもいいくらいの短い関わりだったと思うんだけど2人ともお互い心中すんの?ってくらい勢いです。なのでラストシーンがほんとこっちもYeah!ってガッツポーズでした。


お話的には金庫破りのグダグダ展開とか(そこもいいところですが)展開が強引だったりしますがもーとにかく主演の2人の魅力の掛け合わせで何回も見てみたくなる映画です。時間があったらもう一回みたいなー。あと仏語版もみたい!

ブロマンスもの・男の友情ものがお好きな方お洒落な美女を見たい方ちょっと変わったクリスマス映画見たい方は是非!
[PR]
# by 7_7seven | 2015-10-05 23:49 | さ行の映画