人気ブログランキング |

主に洋画新作映画の感想を中心に俳優やミュージシャンのTVでのインタビュー書き起こし


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バレエ・カンパニー The company

二次面接という事で緊張していったら何と意思確認ということで内定がもらえたというミラクル。かなり悲惨な面接だったので何がよかったのか謎だけどとにかく無職脱出めでたい。よっしゃ研修までだらだらするぞ!らっせーらーらっせーらー(ひとり祭り中)とりあえず木曜あたりにロードのSEE全部通しで見る計画をたててみる。お金ないけどまあいいよ、プー記念で(ロードさんはそんなのに記念にされたくないだろうけど)終わるの0時過ぎでタクシーになっちゃうけどかまへんかまへん(偽関西弁)ロードを見たおかげで運が巡ってきたと勝手に感謝。アラゴルン死亡しないという気持ちでもう一回見てみるよー。待ってろSEE三部作!がんばれ私の腰。

今日はビデオで「バレエ・カンパニー」
c0005072_1133954.jpg

ジェームス・フランコとソファの組み合わせがうらやまし過ぎ

私はバレエをやってるから色々な意味で面白かったけどバレエに興味ない人が見たらものすごくつまらないのでは…。アルトマンといえば群像を突き放したようで優しい目線で撮るって印象だったんだけど今回は群像も中途半端だしバレエ自体もそんなに突っ込んでないし、ストーリーもつまんない。ネーブ・キャンベルはダンサー志望だっただけあって動きも素晴らしいけど原案はまずかったと思う。バレエ団を舞台にするならもっと面白い話が作れると思うんだけど。アルトマンはバレエ好きなのか疑問な出来。

バレエ題材の映画とかで面白いのって滅多にないんだよねー。映像で今まで一番面白かったのはNHKのドキュメンタリーでやったロシアのワガノアの二人の少女を追うやつ。登場人物のキャラクター、ストーリーともそのまんま映画化していいくらいドラマティックだった。もう一回見たいくらい。

この作品でよかったところといえばバーレッスンの様子とネーブのダンス、ジェームス・フランコの理想の彼氏っぷり、マルコム・マクダウェルの熱演かなー。しかし一連の衣装はひどすぎでは。身体の線も綺麗に見えないし色もひどいし何より動きにくそう。ローザンヌの辛口コメントの人だったら間違いなく「これではダンサーがかわいそうです!」と激怒してたはず。

日本版キャスト
ライ;米倉涼子
(バレエの上手さからいうと神田うのや八反安未果だけど主役が出来るバレエ経験者ということで)
ジョシュ;伊勢谷友介
(何となく米倉とのバランスがいい。演技力あんま関係ないやくなので)
アントネリ;市村正親
(あのバレエへのパッションを演じるなら舞台出身者しかいない!)
by 7_7seven | 2005-03-07 23:48 | は行の映画 | Comments(0)