主に洋画新作映画の感想を中心に俳優やミュージシャンのTVでのインタビュー書き起こし


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

汚れた舌 第六話

「汚れた舌」ハリウッドキャスト版第6話

TVが壊れた為音声でしかドラマを楽しめなくなってしまった当ブログ管理人。音声だけついでにルックス面で大いに不満のあった現キャストをハリウッド俳優に変換してみるという超ひまな聞き方を始める。やっとTVがある生活へ戻るがブログ更新は続けるのだった。
ちなみにキャストは
c0005072_3503624.jpg

策略大好き!今回青筋たてて大活躍のペネロペ。

千夏(飯島直子):シャーリーズ・セロン
耕平(加藤浩二):ポール・ベタニー
杏梨(牧瀬里穂):グウィネス・パルトロウ
白川(藤 竜也):ヴィゴ・モーテンセン
宏子(松原千恵子):グレン・クローズ
弘子(森口瑤子):ペネロペ・クルス
光哉(田中圭):アシュトン・カッチャー
友人(網浜直子):リウ゛・タイラー

ヴィゴとの密会場面をグレンに目撃されてしまったシャーリーズ。ポールと一線を超え、ヴィゴとの関係を断ち切ろうとした矢先の出来事だった。ひたすら謝罪するシャーリーズだが、自身の父を死に追いやったヴィゴとの関係を罵倒するグレンを止める事は出来なかった。ヴィゴが開店資金の一部を貸した事を知り「あんな花屋潰れればいいのよ!つぶれろー!!」と言い放ち部屋を後にするグレンだった。

ポールとシャーリーズの関係を直視出来ずとりつかれたように苺へ執着するグウィネス。ポールも唯事ではないと会社を休んで様子を見ながらもシャーリーズへの連絡はやめられない。グウィネスは今までの鬱憤が爆発し社員相手に小金を稼ぐペネロペを罵倒する。しおらしく反省するペネロペだったが内心は復讐の念に燃えていた。アシュトンへ「世の中で一番情けない人間はやられっぱなしの人間。私はやり返す!」と宣言する。

ポールとの関係を断ち切れないシャーリーズにシャーリーズへの気持ちを深くするポール。ふたりが電話で話す姿をグウィネスは目撃してしまう。
ポールはヴィゴとの仕事が決まり、語るうちにその人柄に心酔していく。

シャーリーズはどんどん様子がおかしくなるグレンとの関係に頭を悩ましていた。さらに店はネットで誹謗中傷を受け、客足が減っていく。そんな中親友のリヴが突然の結婚・妊娠を発表。一緒に夢を追いかけてきた親友が、夢をあっさり捨てて結婚していくことに激しく動揺し心から祝福出来ない。

ネット中傷の件を知りシャーリーズの店を訪れるポールだったが酒浸りになり、泣き言を言うシャーリーズの甘さを叱責する。ポールの厳しいながらもシャーリーズを思いやった言葉に心から反省し感謝するシャーリーズ。そんなシャーリーズをペネロペは内緒でポールがいる写真撮影の現場に連れて行き二人を引き合わせる。気持ちが通い合い思わず笑みがこぼれる二人。すっかり立ち直った表情のシャーリーズに喜び、頭を撫でるポール。
シャーリーズは視線を感じ、顔を上げ写真撮影の被写体、ヴィゴが二人の親しげな様子を見ていた事に気づく。
「きっとヴィゴは私とポールの姿に思ったでしょう。『シャーリーズは僕にもしゃあしゃあと嘘をついていたのだ』と…」

今回はほとんどホラーだった。舞台のような演技続出。飯島直子だけコントのような酔っぱらい演技だったけど…。牧瀬のイチゴ食いは増々エスカレート。テーブルの下の場面とかシックスセンスのミーシャ・バートンかと思った。
[PR]
by 7_7seven | 2005-05-26 23:47 | TV | Comments(0)