主に洋画新作映画の感想を中心に俳優やミュージシャンのTVでのインタビュー書き起こし


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

キャリー CARRIE

試写会でリメイクされた「キャリー」を見ました。試写会には珍しく吹き替え版。
ララァ役でお馴染み、というより最近は長谷川潤との対決で有名な潘恵子さん(前作キャリー役吹き替え担当)と娘のめぐみさんの親子が吹き替え。親子で声優ってすごい!
c0005072_2375067.jpg

入場した人にはこの絵柄のポストカード配布してたんだけどこわいよ〜

午前十時の映画祭で前作観賞。男性版キャリーと思ったクロニクルと比べても色々物足りない出来でした。なんといってもクロエちゃんが可愛すぎる!前作のキャリーのおどおど感からのパーティの高揚感、そして怒濤のクライマックス、の落差がなさすぎ。そしてアメリカの高校独特のヒエラルキー社会(あれとかプロム文化とか見る度アメリカで学生生活送るのって至難の業と思うわ〜)も描写が微妙で孤立感が出てなかったと思う。

クロエちゃんの演技力不足と思いたくないので隠そうとしても噴出してしまうリア充感のせいだと思う事にします。あとほぼ脚本同じのはずなのに周りの皆もクリスとその彼氏とかいじめっこ以外はキャリーに優しかったりしたので「とばっちり受けた人たち気の毒…」としか思えずラストのキャリーの暴走もキャリーの気持ちを思うまでいかなかった。前作やクロニクルの暴走は胸が痛い位だったのにな〜。あと前作も今作もリーが彼氏を差し出すのとそれに彼氏が乗っかるのも理解出来ない。しかし今作のスーのスタイルのよさにびっくり!三銃士の侍女役の人だってさ。


超能力と青春もの、さらに美少女女優!と親和性いい条件揃ってるのにキャリーっていう選択はやっぱ合ってなかったんじゃないかと思います。ヒットガールみたいなのじゃなくてってなるとホラーになったのかな?ホラーならべたでも二番煎じでもヴァンパイアものとかにすればよかったのでは…って思ったけどそういえば「モールス」やってた!そしたら明るい超能力学園もの(シリアス感のないハリーポッターみたいなやつ)やってほしかったな。一回この年代ならではの作品に出て欲しい。
クロエちゃんの顎のラインのシャープさに目を奪われた90分でした。
クロエちゃん、4人お兄さんがいるらしいけどお兄さんたちこんな可愛い妹がいるなんて幸せだろうね!
[PR]
by 7_7seven | 2013-10-31 02:27 | か行の映画 | Comments(0)