主に洋画新作映画の感想を中心に俳優やミュージシャンのTVでのインタビュー書き起こし


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

電車男

もうすぐ終わるらしいので慌てて「電車男」
TVやらマンガやら舞台やら色々な方向に派生してるし今日も公開から結構経ってるのに多かったし、TVの視聴率もいいらしい。ここまで大当たりすると誰が予想してたでしょうか。
c0005072_23371763.jpg

もうちょっと中谷が若かったら印象違ったかも

村上正典監督、映画は初監督らしいけど才能と人物を見る目の優しさと残酷さが出てて今までいなかったタイプの監督だと思った。邦画の掟のごとく女性の描き方がなんだかなーだったけど。女性描写以外は素晴らしい。特にオタクの描写の容赦のなさ、愛情の深さはすごい。受けて立つ山田孝之も、今まで「濃いなあ」くらいしか思わなかったけどオタクの演技がうますぎ。あの表情の微妙なキモさ、挙動不審さ、純さ。変身後もオタクの残り香を残すあたりもうまい。三人組も素晴らしい。岡田義徳なんて最期のマジ顔の時やっと気づいたくらいで、桃尻娘や下妻物語で見せた怪演再び!だった。うまく育てば日本のブシェミになれるかも。

話はネットの世界の独特の人のつながり(ひどく攻撃的になる人もいるが普段は出せない良心をもろに出す人の方が多いと思う)、現代日本の身分(クラス)違いの恋、少し前の少女マンガのキャラクター設定を男女逆転にした恋愛模様などなど。なによりオタク全開なのにものすごく魅力的にみせる脚本と演技、演出が素晴らしかった。「恋をするのは苦しい」ともがく電車男の姿にはぐっときてしまいましたよ。恋愛物語の名シーンだと思う。その分エルメスに恋をしてるようなかんじがさっぱりだったのが?だった。台詞でしか説明してないかんじ。秋葉原とか知らないとクライマックスとかよくわかんないかもだけどこれこそぜひ海外でリメイクを。オタクが多いと聞くフランスなら恋愛大好き国だしヒットするんじゃないかなー。

ハリウッド版キャスト
電車男:トビー・マグワイヤ(エターナル・サンシャインがきもかったイライジャ・ウッドと迷った。トビーはそのまんまオタク続けそうだしなあ…)
エルメス:二コール・キッドマン(年上すぎとかニックは電車乗らないよとかそんな事はスルーで。もちろん役名は「シャネル」)
オタク三人組:ジャック・ブラック、ジム・キャリー、マイク・マイヤーズ(見てえええ)
引きこもり男:キアヌ・リーブス(マトリックスつながりで)
[PR]
by 7_7seven | 2005-07-27 23:22 | た行の映画 | Comments(0)