主に洋画新作映画の感想を中心に俳優やミュージシャンのTVでのインタビュー書き起こし


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Dear フランキー Dear Frankie

今日が最終日!ということで慌てて「Dear フランキー」
「オペラ座の怪人」で一気にメジャーになったジェラルド・バトラーが出るというだけで見るのを決めたけど結果はどうでるか?
c0005072_325462.jpg

走ってる写真いいなー

写真とかでなんとなくコメディっぽい映画をなぜか想像してたけど全く違ってた。なんでコメディとか思ったんだろう…。とにかく映像が独特の質感を出してて綺麗。スコットランドが舞台なんだけど車から何から色とか質感が絵本のよう。勿体なかったのはラストシーンの構図が安っぽかったこと。あれは安い絵はがきの構図だよー。なんか見ててあちゃーってかんじがした。抑えてほしかったなあ。インテリアや学生の服装とかもイギリスとは風合いが違ってて面白い。フィッシュ&ティップスがまずそうだった…。

お話は、オチにはおおーだったけどそうすると?なところもあった。でも人同士が思いやってお互いが変わっていく様はよかった。女性脚本家だけあってジェラルド演じるストレンジャーがなーんか女性の理想と都合を集めたようなキャラクターになっててちょっと…。女性スタッフが多いって知って納得。でもマニキュアのシーンとかは男性じゃ絶対描けない場面でおおーっtかんじだった。ちょっと向田邦子入っていたかも。あーしかしもうちょっとストレンジャーの心の動きを追ってくれたらなー。確かにフランキー可愛いけどあんなに愛着持つには弱いと言うか、もっと心理的変化があった方がよかったと思う。リジーももう少し強さを出してくれた方がすんなり話に乗れた気がする。

ジェラルドは労働者階級ぽさ全開で魅力たっぷり。瞳の強さも健在でセクシーさと朴訥さが合わさってすごくよかった。
[PR]
by 7_7seven | 2005-08-05 02:59 | た行の映画 | Comments(0)