主に洋画新作映画の感想を中心に俳優やミュージシャンのTVでのインタビュー書き起こし


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

キングコング KING KONG

先行上映で「キングコング」
予告がすごいし、ピーター・ジャクソンが自費を投じても作りたかった作品だし、相当期待して映画館へ。
c0005072_0263888.jpg

コングの演技はすばらしすぎ!文句つけようがないっす

すごいっ!!ってところと??なところが交錯するなー。勿体ないのは3時間越える上映時間。前半の導入部、確かにNYの当時の様子(ものすごいリアル)とか素晴らしいんだけど焦点があっちへいったりこっちへいったりでだるくなってしまう。船に乗るまではさらっといって乗船中に登場人物紹介の描写をまとめた方がよかったんじゃないかなー。仕事帰りで疲れてたせいもあって船の中のラブコメみたいなとこでうとうとして(PJごめんなさい)一緒にいった子から起こされてしまった。コングを早めに登場させてアンとの関係をじっくり描いた方がよかったと思うけどオリジナルに忠実に作ってこれかもしれないしなー。

しかし中盤の島の冒険シーンがトラウマになるくらいグロ。虫とかが嫌いなのもあってうわああああな場面の連続だった。グロな描写はPJ作品に多いけどなぜか目を離せないんで結局全部みちゃったけどねー。あー思い出してもうわああってかんじ。しかし皆思うと思うけどアンが振り回され、ジャングル走り回ってどろどろのぼろぼろのはずなのに「びゅてぃほー」のシーンでは今ヘアメイクしたように綺麗なのが面白かった。そういうとこリアルにしてもってかんじだったんでしょうか。

NYに渡ってのシーンから特に?な場面が。夜のシーンが多いからかもだけど冒頭の時代感が薄くなって現代のNYみたい。肝心のステートビルと飛行機のシーンが現代っぽくて?だった。スパイダーマンが出てきそうなかんじといいましょうか。

ストーリーも途中まで「これは最後号泣するかも」とドキドキしてたんだけどそういう泣きの演出をベタなかんじに入れなかったのもあってすごく透明感のある、崇高なシーンになってた。オペラ座の怪人に例えていたけどこれはどう見てもコングの方と気持ちが通じ合ってたし、そこが盛り上がらなかったかも。エイドリアン・ブロディの役をもっと掘り下げればヒロインの心の揺れとかも描けたと思うけど。ジャック・ブラックの壊れっぷりはよかった。しかし予告にあったのに本編で出てこないシーンがいくつかあったけどあれ予告用の映像なのかな。

いろいろ書いたけどやっぱPJはいいわ。ティム・バートンとは違うアプローチで異形への愛情を描いている。映画や物語への愛情が溢れてて、こういう監督にいっぱい映画を撮ってもらいたいな。早く次の作品がみたいっす。
[PR]
by 7_7seven | 2005-12-15 00:22 | か行の映画 | Comments(0)