主に洋画新作映画の感想を中心に俳優やミュージシャンのTVでのインタビュー書き起こし


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

マラーホフの贈り物

思いがけずチケットが入ったので大喜びでいくつもりだったのに、そのために一週間仕事をコツコツ進めて「何が何でも定時は無理でも早めには出られるだろう」と余裕こいてたら「今日までに!」の緊急の仕事が入りまくり。嫌がらせかと思ったよ。暇なときにくれよ。その前に試写会もかぶっちゃって泣く泣く諦めたのに行けなかったらどうしてくれると殺気立ち、キャビンフィーバーなのか頭まで痛かったのにバレエを見たら治りましたよ。すごいよマラーホフ!と飛びつきたい(犯罪)気分です。

やたら出演者とプログラムが変わってたけど、いやー見た後は満腹というかもう拍手鳴り止まず。ちょっと空席が目立ってて「人気ないのかなー」と思ったけどすごい盛り上がったよ。演目もメジャーからモダン、新作までうまーく組んであるし、さすが芸術監督、よく考えてるよ。

ザ・グラン・パ・ド・ドゥ:ジュリー=ケント ウラジミール=マラーホフ
(めっちゃ可愛い演目。眼鏡っこジュリーがコケティッシュ。ふたりして超絶テクニックを駆使してコメディ演技爆発)
「菩提樹の夢」よりアダージョ:ポリーナ=セミオノワ アルテム=シュピレフスキー
(モダンの美しさにうっとり。身体の線の美しさが際立った。)
椿姫:ルシア=ラカッラ シリル=ピエール
(ひたすら綺麗〜。繊細でドラマ部分もしっかり演じててよかった)
ファラオの娘:マリーヤ=アレクサンドロワ セルゲイ=フィーリン
(エキゾッティックな雰囲気が素敵だった。ほんとバラエティに富んでる0
「ジゼル」第二幕:ジュリー=ケント ウラジミール=マラーホフ
(幕が開いた時点から別世界。王子様役がまだいけるのがえらい。ジュリーは眼鏡ッ子がうそのような妖精っぷり。体重ゼロでした)
「白鳥の湖」黒鳥のパ・ド・ドゥ:ポリーナ=セミオノワ アルテム=シュピレフスキー
(メジャー中のメジャー・黒鳥!32回転もきっちりやってめちゃくちゃかっこよかった!会場大盛り上がり。ポリーナは黒鳥映えするしものすごく華があるダンサー。大注目)
ライト・レイン:ルシア=ラカッラ シリル=ピエール
(黒鳥で盛り上がった後やりにくいだろうなーと思ったら超絶演技の連続に目が点。会場も息を呑んで見てたよー。ルシアも大注目。すごい雰囲気持ってる。)
ドンキ・ホーテ グラン・パ・ド・ドゥ
(またも大メジャー!こらは技もだけどスタミナないとやってけないのに二人とも余裕の笑顔。盛り上がりまくり。)
ヴォヤージュ:ウラジミール=マラーホフ
(マラーホフの新作。素肌にジャケットというジャニーズな出で立ちなのにその演技の深さ、動きの美しさに感涙。マラーホフすごいよー)
フィナーレ:もう大技でまくり。どの出演者もだいすきー!という気持ちでラストはスタンディング/オベーション。見た人は満足して帰ったでしょう、このプラスのエネルギーですっかり元気に。頭痛もどこへやらですよ。また来てねマラーホフ。
まだ書いてないけど昨日見た「RIZE」とダンス続きだけど今日はプロのダンサーの最高峰のひとつを見た!というかんじ。見せるために踊っているんだけどそれだけじゃないところがすごいな。あー明日はやっとこ金曜日!
[PR]
by 7_7seven | 2006-03-02 23:06 | あれこれ | Comments(0)