主に洋画新作映画の感想を中心に俳優やミュージシャンのTVでのインタビュー書き起こし


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ピンク・パンサー THE PNK PANTHER

試写会で「ピンク・パンサー」ピーター・セラーズのオリジナルは小さい頃見てた覚えがあるんだけど多分子供には難しかったのか覚えていない。アニメのOPや正月の隠し芸大会で井上順がパロディにしてたのはすごく楽しみにしてた覚えがうっすらと。小さい頃はパロディものに異常に飢えていた記憶が…なんでだろう。
c0005072_23314817.jpg

人気者ビヨンセもスティーブ・マーチンには負けるのか

あんま期待してなかったせいかオリジナルと比べる知識がないせいかえらく面白かった。はじめは日本で見るアメリカのコメディ映画特有の固まった観客状態だったんだけど時間が経つにつれ爆笑。繰り返しギャグとかほんとーにベタな笑いなんだけどはまるとおかしい。微妙に伏線も上手いしはじめは軽いジャブが段々ボディーブローのように効いてくるかんじ。本人大真面目にきめてるつもりがとんでもないドタバタを、というコメディの基本をしっかり踏まえてて、痛い系がちょっと多いんだけどきつい下ネタも少ないし結構幅広い人にうけるかも…でもあんまヒットしないだろうなあ。スティーブ・マーチン(一番好きなのはサボテンブラザーズ)、というよりアメリカのコメディ受けないし。

主演のスティーブ・マーチンはさすがのさすがに上手い。ちょっとした身体の動きや表情で笑わせる。脚本も書いただけあっておいしいとこは全部もっていっちゃう。ケビン・クラインも芸達者なんだけど来日時のいい人っぷりを思い出して痛い目に合うのが気の毒だったのがマイナス。ジャン・レノは作品見るたびに「悪いアメリカ人に騙されてるフランス俳優」(謙さんがそうならなければいいけど…)なイメージがあって今回もあんま期待してなかったけど思った以上にコメディが上手い!発見だー。クライマックス近くのダンスシーンとか目を疑った。ビヨンセはまんまビヨンセだった。華があるからよし。エミリー・モーティマーは足の綺麗な眼鏡ッ子でシングルマザーの「dear フランキー」の時よりずっとキュートで可愛かった。

あと!!男前関係は全く全く期待してなかったのにマイスイートハニー禿げ、のジェイソン・ステイサムが!!そしてマイ暑苦しい濃い顔ラバーのクライヴ・オーウェンがノンクレジットというかカメオで出演!!特にクライヴはファンなら嬉しすぎて踊っちゃいそうな役で出演。洒落がきいててうまいなーと思った。

ピーター・セラーズのオリジナルも見たいなー。あと彼の伝記映画もあったはずだしそれも見たいわーと張り切る月曜日でした。笑ってかなり疲れがとれた連休明けでした。
[PR]
by 7_7seven | 2006-05-08 23:27 | は行の映画 | Comments(0)