主に洋画新作映画の感想を中心に俳優やミュージシャンのTVでのインタビュー書き起こし


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2005年 11月 01日 ( 1 )

試写会で「イン・ハー・シューズ」。「ヘイフラワーとキルトシュー」に続いて姉妹映画な秋ですね。地味だけど見応えのある、でも重くない映画を撮るカーティス・ハンソン監督(次作はエリック・バナ主演!たのしみー)の新作。
c0005072_23325997.jpg

お姉ちゃんの立場が…。アメリカではキャメロンってこういう位置づけなのかなー

やっぱこの監督の作品いいわー。結構きつい題材でもさらっと重くないし明るいし苦い現実の中にも希望が描いてある。そこが甘いとかんじる人もいるかもだけどほろ苦ってかんじでいいなあ。それにこれスコットフリーのプロデュースだし。さっすがスコット兄弟!

前半のフィラデルフィアの暗い景色から一気にマイアミにいくところとか靴(ジミー・チュウとかブラニクとかよだれがでそう…)の演出、鏡の使い方、犬とかおいしいご飯とかお洒落なおばあちゃんたちとかストーリー以外も色々ツボだった。泣かせようっていう演出じゃないのにじんわりくるところが何度もあった。上手くいかず右往左往する人に向けての監督の視線が真摯でそれぞれのキャラクターの心情がすごく上手く演出されてる。男性と継母はちょっと類型的なかんじもしたけど他のキャラクターがよすぎたからねー。

キャメロンの表情も(褒められたときの笑顔とか泣ける)すばらしい。しかし足長いねー。出演作は多くないのにポイントごとにいい作品を選んでてセンスいいなーと思う。トに・コレットは苦手な女優さんだったけど(6センスもアバウト・ア・ボーイも駄目だった…古くはミュリエルの結婚から)今回は拒否反応でなくてうれしい。しかしサイモン、パーフェクトすぎてなんか裏あるんじゃないかと最後まで気が抜けませんでした。(かんがえすぎ)教授や女友達やおばあちゃんたち等脇も魅力的であっという間の二時間でしたー。エリックの映画も超期待。
[PR]
by 7_7seven | 2005-11-01 23:31 | あ行の映画 | Comments(0)