映画やあれこれ


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
見るつもりだった「エターナルサンシャイン」を見逃してしまう。今週中に見ないとレンタルまで待たなきゃいけない。ああミニシアターでやってくれたらよかったのに…シネコンだと行きにくいわ時間は微妙だわで大変なんだよ。一応4/1の映画の日に見に行けますように。仕事が終わればいいけどなー。

パ開幕!って開幕は昨日だったんだけど…。ホークスはなんか本調子でないながらも2連勝。どっちも負けてもおかしくない試合だっただけによかった。しっかり西武も勝ってるしね。しかし新庄の守備は敵チームだけど惚れ惚れ。ファイターズは確実に1点は得したと思う。それより今日は昨日歴史的一勝目をあげた楽天がすごいことに。26点も取られるってどういうことよ。しかも下手したらノーヒットだったってどういうことよ。もしかしたら山下コーチって魔法が使えるのかもしれない…すごい点数をとられる魔法(いらねー)。ニュースも「歴史的大敗!」と楽しげに取り上げてて田尾監督が気の毒だったなー。あと河原-後藤のびっくりそっくりトレードも。巨人からまたひとつ名物が消えていく…パでどでかい花火が見られるからよしとしましょう。
[PR]
# by 7_7seven | 2005-03-27 23:41 | 野球 | Comments(0)

アビエイター The Aviator

「アビエイター」初日ということでレオの生写真をもらう。案外多かったおじさん客にも配ってたけど、カメラ目線のレオに見つめられて何を思うのか。いつも空いてる映画館なのに結構入っていた。よかったねレオ&スコセッ氏!
c0005072_2514416.jpg
レオの眉間から額に文字が!と思うくらい皺寄せてた。「ミテネ」とか描いて欲しい

映画の前にレオからのメッセージ。流行ってるのか罰ゲームなのか微妙だけど要約すると「日本に行けなくてごめんなさい。次回来た時はよろしくね!この作品自信あるんで見てね!」だった。内心は「サボリじゃなくて撮影で来れないのにこんなんやんなきゃいけないの?でも行ってたら空港に『オスカー残念!でも大好きレオ』みたいな垂れ幕とかあったかもだしかえってよかったかもね…やっぱ撮影するの?するんだ…ハーイレオデス(笑顔)この作品、アカデミーのクソ会員のおかげで凹んだ結果になったけど(額に『怒』の字が浮かび上がる)誇りに思ってるんでー。ほんとぬか喜びだったけどね。まあ気にしてないよ(笑顔でファッ○ユーのポーズ)。次回はマットと組んで来日するんでよろしくね!」でした(うそです)。

大きな金を動かしてでかい商売をする、趣味を極めて職業にする、美人女優を取っ替え引っ替え、今までになかったものを作る、誰も見た事のないものを見る…と男の夢(私も乗ってみたいよハーキュリーズ)を実現しまくるハワード・ヒューズの生涯。レオ気合い入れて演技してて上手いんだけど(特に後半)レオのよさってこういう熱演系演技ではないような気が。というかスコセッ氏との相性よくないような(あと2作も組むのに…)。お互いが頑張りすぎてよさが相殺されてるかんじ。どっちも好きなだけに辛いなー。

「インファナルアフェア」のリメイクめちゃくちゃ楽しみにしてたのに一気に不安になってしまった。オスカー発表時はぶーぶー文句言ってたけど穫れなかったのもちょっと納得。「カジノ」「グッドフェローズ」にあった苦いかんじとか熱さがないというか印象に残るいいシーンはいっぱいあるんだけど全体の印象がぼやけるというか。一人の生涯を追う物語だからかもしれない、と希望を見つけてみる。

登場人物も演じる役者も華やかでよかった。ケイト・ブランシェットがめっちゃ上手い。毎回別人だけど今回も完璧。体型までキャサリン・ヘプバーンに見えてくるもん。ヒューズに実家での態度を責められて「あれは家族が望む私なの」っていったのが小さいシーンなんだけど印象的。もう一人のケイトはヴァンへルシングでもそうだったけど「この人性格いいんだろうなー」と思うくらい一生懸命に下手だった。ジョン・C・ライリー、台詞なくても感情を伝えられる演技力の持ち主。衣装や映像が素晴らしく美しくてそれだけでも1800円の価値あり。

日本版キャスト
ハワード:中居正広
(神経症の演技とかいつもいっぱいいっぱいなかんじとか上手いと思う。ヒューズは190の長身だったけど…)
キャサリン:天海祐希
(細身でサバサバ。飛行機操縦して「すっげー」というとこ見たい)
エヴァ:伊東美咲
(お人形演技つながり。このキャスティングだとハワードがキャサリンとエヴァに挟まれると捕獲された宇宙人になってしまう…)
ノア:勝村政信(こういう地味な役似合うと思う)
トリップ:草刈正雄
(元色男つながり。あの余裕とどこか酷薄そうなかんじもはまると思う。アレック・ボールドウィンが太ったけどかっこよかった。社長室のインテリアもおもしろかったなー)
[PR]
# by 7_7seven | 2005-03-26 23:48 | あ行の映画 | Comments(0)
書き損ねていた「ロード・オブ・ザ・リングSEEマラソン記」ラストの「王の帰還」。前回(3/4参照)は「アラゴルン死亡するらしい」というウソ知識のままに見てラストは感動より唖然の方が強い印象だったので今回こそと気合いを入れて見る。食事もがっちり食べてストレッチもやって「アラゴルン出て来いや!」状態。
c0005072_2348899.jpg

王様になったあらごるんです…どこ見てんのよー!(青木さやか風に)

オチもしっかりわかってるしアラゴルンは死なないし(しつこい)安心して見られる二回目。今まで別れていた仲間がひとつにつながるシーンが素晴らしい。つくづく完成図が頭に出来上がってから作ったものだというのがよくわかる。三部作ともなるとどこかにほころびが出てもよさそうなのに最後まで「指輪物語を映像化したい。完璧に」という心意気が伝わる、素晴らしい作品とスタッフである。

13 時間ずーっとロードと食べ物のことしか考えなかったせいか食べまくったポップコーンと旅の仲間が頭の中でごっちゃに。私の脳裏にはポッポコーンを頬張り「レンバスよりまずいな」という顔をしているレゴラス、陰で捨てようとしているアラゴルン、「今度は寿司に挑戦しました!」と旅の仲間に総攻撃をしかけるエオウィンがありありと見えて来たのでした。(疲れによる幻影です)

<ロード・オブ・ザ・リングSEE感想のまとめ>
旅の仲間一回目
二つの塔一回目
王の帰還一回目

旅の仲間二回目
二つの塔二回目
王の帰還二回目

途中で寝る事も退屈する事もなくひたすら楽しかった13時間。うきうきと映画館を出ると当然日付も変わっておりバスの最終も終わっていた…凹みつつ(財布が)タクシーで帰ったのでした。

今日から資格の為の学校に行き始めたのに眠くて何回か実際寝た…なけなしの金払ってるのに…怖そうな先生だったのに…昨日四時に寝たのが悪かった。もうしません。ごめんなさい。あー10月までこれが続くのか…五月六月は週三回も学校だよ。これで落ちたら目も当てられないですね!(笑顔)今日は早く寝よう…。
[PR]
# by 7_7seven | 2005-03-23 23:58 | ら行の映画 | Comments(0)