主に洋画新作映画の感想を中心に俳優やミュージシャンのTVでのインタビュー書き起こし


by 7_7seven
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:オスカー ( 4 ) タグの人気記事

2018アカデミー直前予想!


今年もやってきましたアカデミー賞!見てないけど出てる情報とmyセオリーを元に予想と希望を書いてます。



今年は最近稀に見る鉄板が決まっているみたいで予想の意味があんまりない感じなのですが希望枠をより応援したいです。



c0005072_20082088.jpeg


ジミー・キンメル頑張れ!



司会者的には昨年からのme too問題にトランプ政権問題、so white問題と去年以上にきつそうな状況。しかも去年の作品賞発表トラブルの影響とか。me too問題でまさかのマット・デイモン株急降下でマットいじりで乗り切るのも難しいしジミー・キンメル頑張れ!



最近の傾向を考えると


<作品賞>


プラス要素  

・実話

・画期的な映像

・映画愛(バックステージもの)

・衝撃的な題材

・今日的(人種・LG BT・トランプ政権)


マイナス要素 

・去年とかぶる

・GG賞受賞



過去五年に当てはめると


17年   ムーンライト(画期的な映像・今日的)

16年  スポットライト(実話・衝撃的な題材)

15年 バードマンあるいは(画期的な映像・バックステージもの)

14年 それでも夜は明ける(実話・今日的・衝撃的な題材)

13年 アルゴ(実話・映画愛)




2018年のノミネート作は


「君の名前で僕を呼んで」(今日的)

「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」(実話)

「ダンケルク」(実話・画期的な映像)

「ゲット・アウト」(今日的)

「レディ・バード」(実話)

「ファントム・スレッド」(特にプラスもマイナスも無し)

「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」(実話・今日的)

「シェイプ・オブ・ウォーター」(画期的な映像・衝撃的な題材・今日的)

「スリー・ビルボード」(衝撃的な題材・今日的・GGとかぶる)


希望 シェイプ・オブ・ウォーター

圧倒的な画面の美しさと散りばめられた今日的なメッセージ。純度の高い恋愛映画!



予想 スリー・ビルボード

予想のつかない展開と驚異的な演技陣。



見たばかりなので「シェイプ~」モードになってます。発表した後の会場の盛り上がりは「スリー~」の方が良さそうだけど。




<監督賞>

 •クリストファー・ノーラン 『ダンケルク』

* ジョーダン・ピール 『ゲット・アウト』

* グレタ・ガーウィグ 『レディ・バード』

* ポール・トーマス・アンダーソン 『ファントム・スレッド』

* ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』(GGとかぶる)



希望 ギレルモ・デル・トロ

鉄板!作家性の高い作品を作り続ける姿勢も評価して欲しい


予想 ギレルモ・デル・トロ

鉄板だから心配してない!もし対抗するとしたらジョーダン・ピールかなぁ



<各俳優賞>

プラス要素 

・実在の人物

・大幅な体重増減

・美貌を投げ打つ(女優)

・期待の若手

・老いた美形スター(男優)

・業界の人気者

・アメリカ以外の国出身

・育ちがいいorインテリ



マイナス要素 

・穫る気満々(男優)

・美形俳優(男優)

・GG賞受賞

・何回も受賞済み

・やったら俳優辞めそう



<助演女優〉

* メアリー・J・ブライジ 『マッドバウンド 哀しき友情』

* アリソン・ジャネイ 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』実在の人物

* レスリー・マンヴィル 『ファントム・スレッド』・アメリカ以外の国出身

* ローリー・メトカーフ 『レディ・バード』実在の人物

* オクタヴィア・スペンサー 『シェイプ・オブ・ウォーター』



希望 オクタヴィア・スペンサー

唯一見た作品ですごいよかったので。鉄壁の頼れる感。視線に意思が宿ってる。


予想 アリソン・ジャネイ

見てないけど今回鉄板みたいなので。アイ・トーニャ早く見たい!



<助演男優賞>

* ウィレム・デフォー 『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』業界の人気者

* ウディ・ハレルソン 『スリー・ビルボード』

* リチャード・ジェンキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』

* クリストファー・プラマー 『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』・アメリカ以外の国出身

* サム・ロックウェル 『スリー・ビルボード』GG受賞



希望 クリストファー・プラマー 

あり得ん展開で出演になって超速で役作りしてノミネートって凄すぎて


予想 サム・ロックウェル

上手いけど苦手な俳優さんだったのに「バッドバディ」から良い感じに見えてきた!今回は間違いない!くらいすごい演技。おめでとう!(早々)



<主演女優賞>

* サリー・ホーキンス 『シェイプ・オブ・ウォーター』・アメリカ以外の国出身

* フランシス・マクドーマンド 『スリー・ビルボード』GG受賞・美貌を投げ打つ

* マーゴット・ロビー 『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』実在の人物

* シアーシャ・ローナン 『レディ・バード』GG受賞

* メリル・ストリープ 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』 実在の人物・何回も受賞済み



希望マーゴット・ロビー

フランシスかサリーがとると思うので。とにかくルックスが好き!若くしてプロデュース能力があるのもいい


予想 サリー・ホーキンス

フランシスもすごいけど自己演技コピー感あるので。サリー無くして「シェイプ~」は撮れない唯一無二の存在



<主演男優賞>

・ティモシー・シャラメ 『君の名前で僕を呼んで』期待の若手・美形俳優・育ちがいいorインテリ

* ダニエル・デイ=ルイス 『ファントム・スレッド』・何回も受賞済み・育ちがいいorインテリ・・アメリカ以外の国出身

* ダニエル・カルーヤ 『ゲット・アウト』

* ゲイリー・オールドマン 『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』GG受賞・実在の人物・・アメリカ以外の国出身

* デンゼル・ワシントン 『ローマン・J・イスラエル・エスク(原題) / Roman J. Israel, Esq.』業界の人気者



希望 ゲイリー・オールドマン

シド・ビシャスからチャーチルまで!レオンの演技は悪役演技の革命


予想 ゲイリー・オールドマン

鉄板!と言いつつティモシー君がアカデミーの会員の好き要素たくさんあるので逃すとしたらティモシー君受賞かな



他応援

・衣装デザイン  ルイス・セケイラ

・メイク・ヘアスタイリング 辻一弘

・作曲賞 アレクサンドル・デスプラ

・脚色賞 ジェームズ・アイヴォリー



以上、予想でした。


とにかく今回は鉄板揃いなのでデルトロとゲイリーと辻さんのスピーチ楽しみです。おめでとうございます!(早々)



後ザ・グレイテスト~の歌があるみたいで楽しみ。他は必要以上に政治色が濃くならないようにといっても難しい状況なので少しでも明るく前向きなものになって欲しいです!


[PR]
by 7_7seven | 2018-03-04 20:05 | 映画あれこれ | Comments(0)
「ドリーム」鑑賞。原題は隠された人達、数という意味。オスカーでも注目されたのに日本公開が遅くなってしまったり、邦題で揉めたり、色々ありましたが遅くとも公開してもらえたの本当にありがたい!秋にぴったりの爽やかで前向きな気持ちになる作品でした。※ネタバレご注意ください


監督:セオドア・メルフィ
脚本:セオドア・メルフィ アリソン・シュローダー
原作:マーゴット・リー・シェタリー『Hidden Figures』


c0005072_22372298.jpg
イラスト版も格好いい!



見所1:ライトスタッフと合わせて見たいマーキュリー計画

同じ出来事を扱った映画なので未見の方は是非!60年前のNASAってこんな差別的だったの?とショックなところですが実際はトイレや昇進その他の人種差別シーンや同僚はかなり脚色されてるらしく、当時をわかりやすく表現するための演出みたいです。人種や女性への差別を扱っている=重いイメージではなく、次々現れる障壁を知恵と意思とコミュニケーションで乗り越えて行く話で、全年齢対象でおすすめです!


見所2:多彩な役者陣と手堅い演出

主演3人それぞれ素晴らしい!タラジ・P・ヘンソンの職場と家庭とジムに対する時の表情の違い、ジャネール・モネイの理知に満ちたセクシーさ、オクタヴィア・スペンサーはダイバージェントに続いてリーダーが良く似合う。マハーシャラ・アリもムーンライトに続いて繊細でしなやかな強さを表現してて、輝きはもうスターのもの。ケビン・コスナーもオーラ消して、でも伝家の宝刀、白シャツで儲け役を演じ切ってた。そしてやっぱり上手いキルスティンダンスト!ドロシーとの何とも言えない間、空気感さすがでした。彼女はコメディも上手いと思う。



見所3:変化に対応したものだけが生き残る

メアリーが変化の最初の一歩を判事に訴えたように、ドロシーがコンピューター導入にプログラミングで対応したように、ハリソンが前例を覆してキャサリンを会議に出席させたように、変化に対応しなければ新しい局面はない、自分の価値を上げてそれを他人にわかってもらう努力が必要っていうのが現代にも通じていて考えさせられました。


エンディング、実際の3人の写真や功績が出てきて感慨深く、味わい深いものになってました。この監督の「ジーサンズ」、邦題はひどいですがやはり手堅く、前向きで楽しめるのでおすすめです!

[PR]
by 7_7seven | 2017-10-01 22:34 | た行の映画 | Comments(0)

凄かったですねオスカー受賞式!残念ながら仕事で中継観てなくて、でも速報のニュースは追ってたから混乱でわけわからずでした。これはリアルタイムで観たかった!

c0005072_23035820.jpg

昨年のホワイトウォッシュを反省して?助演は黒人俳優に、というか俳優賞は皆鉄板でした


結果としては作品賞が大穴だった以外は結構下馬評通りで、司会のジミー・キンメルもあんなことがあったのにちゃんとまとめてて偉かった。多分何もトラブル無かったらマットネタで締めるはずだったと思うのでそれが見れなかったのは残念。


でもゴールデングローブほど政治色強くなく、ほどよく真面目で多少笑いもありでかなり難しい年だったのに大したものだと思います。ジミキンえらい!!


<作品賞>
●希望 ハクソーリッジ
○予想 ラ・ラ・ランド
◎結果 ムーンライト

まさかのとんでもトラブルでびっくりでしたがブラピ制作強い!トランプ政権とか昨年の反動とか投票方法とか色々影響したのか鉄板のはずのララランドが受賞逃して驚きました。しかしあんなミスあるなんて、プレゼンターのボニーとクライドもぬか喜びのララランドチームもドタバタで喜び半分のムーンライトチームも気の毒だった。正直2つの作品見て個人的にはララランドの方がよかったのではと思うけどムーンライトが今とったことに意味があるんでしょうね。


<監督賞>

●希望 メル・ギブソン
○予想 デイミアン・チャゼル
◎結果 デイミアン・チャゼル

予想当たり!だけど一部でチャゼル監督叩かれてて、びっくりというかなんかわかるというか。どこかむかつかせるところあるんでしょうか。多分私は監督の性格に難ありの部分が自分に通じるところあってちょっと肩持ってしまいます。頑張れ!チャゼル監督!


<助演女優賞>

●希望 ミシェル・ウィリアムズ
○予想 ヴィオラ・デイビス
◎結果 ヴィオラ・デイビス

予想当たり!って鉄板でしたね。堂々としてて格好よかったです。フェンシズは結局劇場公開ないのが残念です。

<助演男優賞>
●希望 マイケル・シャノン
○予想 マハーシャラ・アリ
◎結果 マハーシャラ・アリ

これも鉄板でした。ムーンライトのフアン役めっちゃよかったので納得。マイケル・シャノンにはいつかとってほしい!


<主演女優賞>

●希望 イザベル・ユペール
○予想 エマ・ストーン
◎結果 エマ・ストーン

これも鉄板。しかしイザベル・ユペールに対してもう少しリスペクトがあってもよかったんじゃないの?ジョークにしても作品見てないとかあんまよい感じしなかった。


<主演男優賞>
●希望 ケイシー・アフレック
○予想 デンゼル-ワシントン
◎結果 ケイシー・アフレック

ケイシーよかった!けどセクハラ事件がチラチラして心の底からよかったね!までいかず複雑な心境。マットと兄パワーのおかげなかんじも。複雑ながらも涙目で喜ぶベン兄はよい光景でした。


とにかく世紀の大騒動で色々目立たないけど少ないながらもマットネタしっかりやったり、キャンディ降らしたりなんとか盛り上げようとしたジミキンの頑張りを讃えたいと思います。来年は誰が司会するか楽しみ!

[PR]
by 7_7seven | 2017-02-28 23:00 | 映画あれこれ | Comments(0)
今年もやってきましたアカデミー賞!見てないけど出てる情報とmyセオリーを元に予想と希望を書いてます。去年は初の全正解!と喜んだのもつかの間、pcが壊れてその後何も書けてません。
今年はトランプ政権で政治色が強く出るのか注目。あと昨年の真っ白オスカーの影響で会員600人増えた事で人種や国籍が多様化しそう。


GG賞みたいな雰囲気になったらちょっとな〜と思ってます。去年のレオみたいな熱烈応援枠もないし、難題オスカーに司会のジミー・キンメルがどう対応していくか、やっぱりマットとベンも絡んで来るのかが個人的に一番の注目ポイントです。


ジミー・キンメル、ネタ振りには余念ないけど会場の雰囲気によっては滑りまくりそうで心配。困った時のマット・デイモンで乗り切って欲しい…。



最近の傾向を考えると
<作品賞>
プラス要素  
実話・画期的な映像・映画愛(バックステージもの)・人種問題・衝撃的な題材

マイナス要素 去年とかぶる・GG賞受賞

過去五年に当てはめると
16年 スポットライト(実話・衝撃的な題材)
15年 バードマンあるいは(画期的な映像・バックステージもの)
14年 それでも夜は明ける(実話・人種問題・衝撃的な題材)
13年 アルゴ(実話・映画愛)
12年 アーティスト(映画愛)

2017年のノミネート作は

* メッセージ
* フェンシズ(原題)
* ハクソー・リッジ(実話・衝撃的な題材)
* 最後の追跡
* ヒデン・フィギュアーズ(原題)(人種問題・実話)
* ラ・ラ・ランド(映画愛・画期的な映像)
* LION/ライオン ~25年目のただいま~(実話)
* マンチェスター・バイ・ザ・シー
* ムーンライト(衝撃的な題材・人種問題)


●希望 ハクソーリッジ
多分監督賞は無理なメル・ギブソンになんかとって欲しいということで。

○予想 ラ・ラ・ランド
これは鉄板でしょう!対抗馬で来るとしたらアカデミーに強いブラピ製作のムーンライトあたりか。人種問題に同性愛テーマもあって強いと思う。


<監督賞>
* ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『メッセージ』
* メル・ギブソン 『ハクソー・リッジ』
* デイミアン・チャゼル 『ラ・ラ・ランド』
* ケネス・ロナーガン 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
* バリー・ジェンキンズ 『ムーンライト』


●希望 メル・ギブソン
しつこいけどメルの映画の才能はすごいと思うので是非評価されてほしいとの願いを込めて!


○予想 デイミアン・チャゼル
今回一番鉄板だと思う。才能豊かな若い監督だから避けられそうなところ、アカデミー会員、育ちいいとかインテリに弱いんだよねー。自分もそうだからよくわかる!


<各俳優賞>
プラス要素 実在の人物・大幅な体重増減・美貌を投げ打つ・(女優)期待の若手・(男優)老いた美形スター・業界の人気者・アメリカ以外の国出身・育ちがいいorインテリ
マイナス要素 穫る気満々・(男優)美形俳優・GG賞受賞・何回も受賞済み・やったら辞めそう

<助演女優賞>
* ヴィオラ・デイヴィス 『フェンシズ(原題)』 業界の人気者
* ナオミ・ハリス 『ムーンライト』アメリカ以外の国出身
* ニコール・キッドマン 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』アメリカ以外の国出身・実在の人物
* オクタヴィア・スペンサー 『ヒデン・フィギュアーズ(原題)』実在の人物
* ミシェル・ウィリアムズ 『マンチェスター・バイ・ザ・シー


●希望 ミシェル・ウィリアムズ
今回も助演女優は皆好きだから誰でも嬉しいなか、ミシェルにとってほしい!地味だけど毎回高ポテンシャルすごい。

○予想 ヴィオラ・デイビス
実力は間違いないし、去年からの流れで黒人女優がとりやすいし、なんといってもアマンダ・ウォーラー様ですよ!

<助演男優賞>
* マハーシャラ・アリ 『ムーンライト』
* ジェフ・ブリッジス 『最後の追跡』業界の人気者・老いたスター
* ルーカス・ヘッジズ 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
* デヴ・パテル 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』アメリカ以外の国出身
* マイケル・シャノン 『ノクターナル・アニマルズ(原題)


●希望 マイケル・シャノン
見るたび演技に引き込まれるし、実力は文句なしでしょう。今回とるチャンスだと思うので頑張ってほしい!なんといってもゾッド将軍ですよ!


○予想 マハーシャラ・アリ
ムーンライト結構とる気がする。キャリアの積み方もアカデミー会員受けしそう。
<主演女優賞>
* イザベル・ユペール 『エル(原題)』アメリカ以外の国出身
* ルース・ネッガ 『ラビング 愛という名前のふたり』アメリカ以外の国出身
* ナタリー・ポートマン 『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』業界の人気者
* エマ・ストーン 『ラ・ラ・ランド』期待の若手
* メリル・ストリープ 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり業界の人気者・何回も受賞済み


●希望 イザベル・ユペール
演技の実力はもちろんだけど難しい題材に挑む精神、年を経たからこその美しさはフランス女優ならでは!

○予想 エマ・ストーン
前哨戦でも圧倒的に強いし、業界もさらにスター女優になってほしいと願っていると思う。

<主演男優賞>
* ケイシー・アフレック 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』GG受賞
* アンドリュー・ガーフィールド 『ハクソー・リッジ』アメリカ以外の国出身
* ライアン・ゴズリング 『ラ・ラ・ランド』アメリカ以外の国出身
* ヴィゴ・モーテンセン 『はじまりへの旅』アメリカ以外の国出身
* デンゼル・ワシントン 『フェンシズ(原題)』業界の人気者


●希望 ケイシー・アフレック
アフレック家って結構土壇場で梯子はずされる恐れがあるんだよね…人気者マットが製作に入ってるからどうにかカバーしてほしい


○予想 デンゼル-ワシントン
アフレック家の梯子+黒人俳優かつ業界の人気者デンゼルにしとけば丸く収まる的な力が働きそうな予感。去年と違って俳優部門は有色人種で占めて終わりそう。映画の賞なのに世相が反映しちゃうのも変だなと思いつつ。



以上、予想でした。ゴールデングローブがトランプ批判からいつもの和気あいあい感がなくて評判だったメリルのスピーチも私はもろ手をあげて賛成はできず、だったのでオスカーはお祭り感出してほしいなー。あとジミー・キンメルとマットとベンに頑張ってほしい。特にラジーとっちゃったりバットマン降りるとか離婚とか色々不穏なベンアフの明るい顔が見たいなー!

[PR]
by 7_7seven | 2017-02-26 23:04 | 映画あれこれ | Comments(0)